シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

Wインカムでも安心できない!? 「現代夫婦のお財布事情」気になる実態

今、独身でバリバリと働いている女性でも、「いつかは結婚するつもり」という人も多いだろう。

中には、「夫婦で働けば、ダブルインカムになってより豊かな暮らしができそう!」と妄想している人もいるはず。

たしかに、夫婦間のバランスをキープするためには“世帯収入の増加”がひとつのキーワードとなっていることは、『BizLady』の「家事力or稼ぎ力?イマドキの“共働き夫婦”が相手に求めることって一体」でお伝えしたとおりだ。現に、今や国内の共働き夫婦は1,000万世帯を超える勢いだそうだ。

だが、たとえダブルインカムでも、結婚後には本当に、今よりも豊かな暮らしが送れるのだろうか?

今回は、株式会社エイチームが実施した調査結果をもとに、現代日本の夫婦が自由に使っているお金の実態をご紹介しよう。

 

■お小遣い制を採用している夫婦が圧倒的!

同社が1,021名の女性を対象に実施した調査で、夫が使うお金について尋ねてみると、“お小遣い制”だと答えた人が73.3%と圧倒的な数に。

また、妻が使うお金について同様に質問してみると、妻の57.4%のお小遣いは、夫よりも低いことが明らかになったのだ……!

専業主婦と兼業主婦がともに回答した結果ではあるが、「結婚後はダブルインカムで自由になるお金が増えそうだわ~」と楽観している女性にとっては、衝撃的な現実なのではなかろうか。

 

■妻のお小遣いは夫より低い

では、実際に1ヶ月に自由になる金額はいかほどなのだろうか?

この点については、夫の小遣い額で最も多かったのが「20,001~30,000円」で32.7%、「10,001~20,000円」が20.2%であったことから、妻のお小遣いはそれよりも少ない家庭が多いのが実態のようだ。

そこで、妻たちに自由に使えるお金のなかで、最も費やしている使い道を質問してみたところ、「美容・化粧品」が26.9%で最も高く、次いで「ファッション」が25.0%、「友達と遊ぶ」  が23.5%、「趣味・習い事」 が7.6%と並んだ。

結婚後は、自由になるお金の使い道も厳選し、選択していく必要に迫られている妻も多そうだ。

 

以上、結婚後に夫婦が自由に使っているお金の実態をご紹介したが、いかがだろうか?

ダブルインカムだからといっても、互いが独身時代と同じように出費をしていれば、貯蓄や将来設計に回せるお金が少なくなってしまう。

世帯年収にもよるだろうが、おおよその実態としては、それぞれが“お小遣い制”を採用し、教育費などにもお金を回している厳しい現実が浮き彫りになったともいえるのではないだろうか。

これから結婚を考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

 

【参考】

あわせて読みたい