シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

UVカット洗剤も登場!衣類で紫外線を徹底的にカットする方法

顔や腕には日焼け止めを塗るけど、それ以外の体の紫外線対策はみなさんどうしていますか? 日焼け止めを毎日すみずみまで塗る訳にもいかず、気にしている人も多いのではないでしょうか。体全体の紫外線対策は、洋服の布地選びがポイントですよ! 紫外線対策には羊毛やポリエステル、色の濃い洋服がおすすめです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■そもそも布地にはUVカット効果がある

長い間外にいて日焼けしてしまうと、くっきりとTシャツの跡が残ってしまうことがありますよね。当たり前のようにも思えますが、それはTシャツが紫外線をさえぎっているから。布にはそもそも紫外線をさえぎる効果があるのです。


■紫外線カットには「厚手」で「濃い色」がポイント

布地がどれだけ紫外線を遮るかは、素材や色、生地の粗さによってさまざま。比較的、綿は紫外線を透過しやすく、羊毛、ポリエステルは紫外線を通しにくいといわれています。また同じ綿でも、白い色は紫外線を通しやすく、濃い色の方が通しにくいなどの特徴もあります。

レース地やざっくり織った麻素材の洋服などは、紫外線を通しやすいので、その下に紫外線をカットしてくれるものを着たり、日差しが強い日は避けた方が無難。長袖がおすすめですが、暑い夏に長袖はきついという人は、半袖シャツにグローブなどをして、風を通すようにしておくと良いと思います。


■衣類でもUVカットを叶えてくれるアイテムがぞくぞく!

また現在では、紫外線カット加工を施した洋服や、洗濯するだけで洋服の繊維に紫外線カット成分を付着させる洗剤なども発売されています。

WOMEN エアリズムUVカットメッシュパーカ(長袖)/ユニクロ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

羽織るだけで紫外線を90%カットするUVカット機能付きパーカ。メッシュ素材使用なので、暑い夏でもサラリと羽織れそう。

UVカット洗剤 800ml/NSファーファ・ジャパン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

洗浄力は落とさずに、洗うたびに衣類を紫外線カット率をアップさせてくれるという優れもの。紫外線の肌への影響が約30分の1に減るのだとか!


通勤・通学時は日傘などだけで対策できますが、夏の10時から14時の間の日差しが強い時間に外出をする場合は、ファッションにも上手に取り入れておきたいですね。


(LBR編集部)

 

【参考】
初夏のお手入れ – 資生堂
UVカット洗剤 800ml – NSファーファ・ジャパン
WOMANエアリズムUVカットメッシュパーカ(長袖) – ユニクロ