シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

RIKACOと渡部篤郎みたいに離婚後も仲のいい男女のルール3つ

離婚しても仲良くいられる男女って周りから見てみると不思議な感じですよね。2人が仲良くしているところに混ざってしまうと、どうしたらいいのかわからなくなったりしてしまいますよね。

一度は結婚をした仲なのですから、色々と趣味や好みが合うのはわかりますが、それだけ仲良しなら離婚しなくても良かったのでは?と、はてなマークが出てしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、離婚をしても仲良くしている男女に聞き取り調査を敢行。そこからわかった仲良く付き合うためのルールをまとめてみました。

 

■1:新しい恋の予感は伝えない

離婚した後は男女の友情みたいなものがあるようですが、恋愛感情はお互いに持って居ないというのが仲のいい離婚男女の特徴のようです。でも、新しい恋の話などは、やはり相手が嫌がるからしないとのこと。

再婚を考えるくらいになったときには、キチンと伝えるようですが、気になる人ができたくらいでは報告はしないそうです。

 

■2:お金の件はしっかり話し合う

別れるときにもかなりもめるのがお金の話ですよね。なので、お金の件はしっかりと話したほうがいいそうです。離婚後は友人関係ということを忘れないようにして、相手にお金の件で負担をかけるようなことはしないというのがポイントだそうです。

金の切れ目が縁の切れ目というのが、ここにも現れるようです。

 

■3:相手の恋愛は応援する

最初に言ったのと話が違うと思うかもしれませんが、相手が恋のことを話してきたら、きちんと応援して相談にも乗るのが暗黙のルールとしてあるようです。

一度夫婦になったからこそ、相手のことをいちばん良く知っていいる。いいところも悪いところも見えているからこそ、アドバイスをもらうにはピッタリだそうです。

 

相手のことをいちばん知っているという意味では、仕事や恋愛の相談でも適格なアドバイスをもらえそうですし、弱いところも見せられます。

自分をすべてさらけ出せる男女の関係っていいことも多そうです。もし離婚してしまっても仲良しの男女になれるようにすると、離婚の辛さも少なくなりそうです。

 

【姉妹サイト】