シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

OVER35が着ると大ヤケドっ!「イタババ認定される」NGコーデ4選

大人女子をイタく見せるNGファッションには、大きく分けて二つの種類があります。一つは、体形をカバーするスタイルに固執するタイプ。もう一つは、流行を追ったつもりが逆に過去の遺物に見えてしまうタイプ。

今回は、“体形隠し”と“過去の遺物”ファッションのNGを、それぞれ二つずつご紹介します。

 

■体形隠しにはNGなアイテム2つ

(1)チュニック

チュニックは緩んだウエストやお尻を隠してくれるので気が楽ですよね。でも待って! 体形が隠れてもオバちゃんに見えたら意味ないですよね? それにショート丈トップスが流行しているなか、チュニックにパンツを合わせる姿は「私、下半身デブなんですー!」と公言するようなもの。今年はトップスをボトムスに“イン”ですよ! 

でもやっぱりウエストやヒップが気になる方は、過去記事「今買うべき服は3つ!“即着られて秋に大活躍する”お利口アイテム」をご覧ください。ロングジレを羽織ると、ぐっとオシャレに下半身がカバーできますよ。

(2)マキシスカート

膝丈Aラインスカートが気になるお尻をカバーする、とファッション雑誌ではよくうたわれていますよね。でも「お尻が大きくて脚も太かったらどーすんの!?」って思いませんか? 大きなお尻と太い脚を隠したいがために、毎日のようにロングスカートをはいている方は要注意。体形隠し目的がバレバレです。

マキシワンピやロングスカートを着るときはIラインを強調する小物使いで、こなれ感を出しましょう。以前ご紹介した記事「ソレ部屋着?って言わせない“マキシワンピ”悶絶オシャレな着こなし方」に、ベルトや帽子の合わせ方を記載しているので、ご覧くださいね。

さあ、お次は“過去の遺物”NGファッションを二つご案内します。

 

■過去の遺物ですか……?NGアイテム2つ

(1)ボディコン

ファッションサイクルは約20年といわれ、80年代から90年代に流行ったトレンドが今また復活しています。バルーンスカート、ハイカットコンバース、ボーダーT、ボブ、ツーブロックなどもそう。

ボディコンもこの秋流行る兆しが見えていますが、ボーダーTと違いボディコンは昭和の香りが強烈すぎるんです! アラフォーやアラフィフが若い女性と同じように着てしまうと、「なんかバブル引きずってるよね、アノ人」とイタババ認定されちゃいます! ボディコンは、よっぽど似合わない限り避けておいたほうが無難でしょう。

(2)ポロシャツの襟を立てる

昭和の香りといえばラルフのポロシャツ。ポロシャツは今でもオシャレなんですよ! ただ、アラフォーやアラフィフが襟を立ててしまうと……イタタタ。大人女子が着るときは、流行のソフトハットと合わせたり、襟を立てずにデコルテを広く見せたりなどするとエフォートレスにきまります。

 

体形を隠すことばかりを考えると毎日が楽しくありません。トレンドを意識したコーデでこの秋は頑張らない大人レディになりましょう!