シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

LINEのせいで不仲…を回避!「ちょうどいいLINE」とは?

彼との連絡に欠かせないLINE。LINEのせいで彼と不仲になってしまった、というのもよく耳にします。そこで今回は、LINEのせいで不仲にならないために、“ちょうどいいLINE”についてお話ししていきたいと思います。

彼的に“うっとうしいLINE”とは?

ちょうどいいLINEについて触れる前に、彼がつい「うっとうしい……」と思ってしまうLINEについて紹介しようと思います。
彼の事情無視で返信を催促するLINE・スタンプばかりで内容のないLINE・「いま何してるの?」など逐一状況を確認するLINE・疑問文ばかりで返信に時間を要するLINE・画面いっぱいの長文LINE……などは相手男子の性格にもよりますが「うっとうしい……」と思われやすいです。
一日中彼氏にLINEを送る女子もいるでしょう。彼も一日中LINEがしたいタイプなら良いのですが、そうじゃない場合は結構な負担です。LINEのせいで彼の恋心を冷まさないためにも、ちょうどいいLINEを心がけましょう。

彼との“ちょうどいいLINE”とは?

なるべく二人の温度差を作らないようにする

ではちょうどいいLINEとはどういうものを指すのかということですが、「一日○回、文章は○行」とは一概に言えません。それぞれのカップルによって、当然のことながら“ちょうどいい”は違います。
ではどうすればいいのかですが、ずばり“なるべく温度差を作らないこと”です。送る回数・文章量や絵文字・スタンプなどを彼のテンションに合わせてみましょう。
トークルームを開いたときに、「明らか自分の方が多く送ってるなぁ……」と少しでも思うのなら、少し送る回数を減らしてみるなどして工夫してみましょう。

即返信はしなくてもいい! むしろちょっと物足りないくらいがちょうどいい!

彼からのLINEがうれしくて、ついつい即返信する女子も少なくないはず。まぁ恋愛初期の盛り上がっている時期はそれでもいいでしょうが、ある程度関係も落ち着いてきたのに即返信するのはどうかなぁ……と思います。
もちろん急を要する内容であれば即返信すべきでしょうが、日常会話で特に緊急でもないのなら、時間のあるときに返信する程度でいいような気がするのです。
読むだけ読んでランチ休憩中に返信するとか、帰宅してのんびりしているときに返信するとかでいいもいいんじゃないでしょうか。彼がうっとうしいと思わず、「もっとLINEしてほしいなぁ……」と思わせるには、“ちょっと物足りない”ぐらいがちょうどいいのです。

まとめ

「たかがLINE……」とあなどることなかれ。LINEが原因で破局することだってありますし、その逆に恋がうまくいくことだってあります。一度送ってしまうと取り返しがつかないものだからこそ、慎重にしたいものです。