シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

LINEでのデートの誘い方って!?男からと女からの決定的違いとタイミング

1:高校生の頃とはデートの誘い方も違います

高校生のとき、好きな人をデートに誘う口実を考えたことはありましたか? 高校生ともなれば行動範囲も広がりますし、アルバイトを始める人も出てくるので、遊ぶお金にも多少余裕が出でてくるという変化が出てきます。

そうすると、好きな人と水族館や遊園地といったレジャー施設でデートしたい……と考えるようになりますよね。

でも、高校生であれば、誘い方も至ってシンプル。「一緒に遊園地行こ♡」なんて気軽に誘えていたはず……。

しかし、大人になると段階を踏んでいかなければ、急な誘いというのは相手からの好感度を下げてしまうなんてことになりかねません。だからこそ相手が「行ってみたい!」と感じるような誘い方や誘うタイミングが重要になってきます。

 

2:LINEでのデートの誘い方!女からの場合の例文&ポイント

女性側からデートに誘うのは気が引ける……そんな気持ちになる必要はありません。むしろ、いいなと思った人がいたら、自ら動かなければ損な時代です。ポイントを押さえて積極的に誘えば、きっとうまくいくはず! ではどんな誘い方があるのか具体的な例文を見ていきましょう。

(1)一緒に食事に行くお誘い

シンプルに食事に誘うときには、「どんなお店なのか」「おすすめの料理はコレ!」といった具体的な内容を提案をすることです。特に自分が食べたいものや食べておいしかったものなどを説明するのがいいでしょう。

 

このように相手が気に入ってくれるようなお誘いをすると、すんなり乗ってきやすいです。

彼の好みを把握してデートを提案してみるといいでしょう。

(2)スポーツ観戦へのお誘い

事前に彼が好きなスポーツをリサーチして、一緒に観戦すれば盛り上がりやすいのが、こちらの誘い方。点数が入ったときには自然とボディータッチする場面も出てきちゃうかも?

一緒に応援して試合展開に一喜一憂することで、お互いの距離が縮まるキッカケになるでしょう。

例えば、

「○○くんサッカー好きだって言ってたよね? よかったら日曜の試合、観戦しに行かない?  この間、話を聞いてたらわたしも行ってみたくなったの!」

などというお誘いなら、向こうもスルッと乗って来やすいもの。

そうなると、サッカーのルールやチームの特徴など予備知識が必要だと思うかもしれませんが、「まだルールをわからないから、教えて!」なんて甘えれば、彼も熱心に教え甲斐があるというもの。約束をとりつけたらデートで実践してみてくださいね。

(3)お酒を楽しむデートのお誘い

お酒好きな相手には、おいしいお酒が飲めるデートの提案が効果アリ! 特にどんなお酒が好きなのか知っていると、彼の好みピンポイントに刺さるお誘いができるかも。また開放的になった気持ちから、いつもより一歩踏み込んだ深い話ができる可能性もあるでしょう。

「○○ってお店なんだけど、日本酒の種類が豊富で○○くん好きそうだな~と思って連絡しちゃった」

というLINEなら自然ですし、きっと彼も「うわ、行きたい(笑)」と、すんなり返してくれるでしょう。お酒が入った席を数時間共にすれば、親密度は急上昇する予感です!

(4)プレゼント選びを口実に誘ってみる

プレゼント選びって、ひとりよりふたりのほうが、いろいろな意見が出て面白いもの。またそれを通して、彼の好みを知ることもできますから、彼の情報をゲットする有効な時間になること間違いなし!

彼のほうでも、「もしかして頼られてる?」なんて意識し始めるキッカケにもなります。「ちょっと相談なんだけど……」なんて言葉から始めてみると、相手も親身に向き合いやすいでしょう。

(5)彼の行きたがっていたところへのお誘い

彼がハマっている趣味などのイベントを調べて声をかけてみると、好きなジャンルへのお誘いに食いついてくること間違いなし。男性は興味のあることにはとても熱心になりますからね。

このようにナチュラルに「私も気になってた」という雰囲気を出すのがコツ。自分の趣味に興味を持ってくれていることがわかれば、彼も思わず好印象に! 次にイベントがあったときには、彼のほうから誘ってくれるかもしれません。

(6)服を選んでもらうデートに誘う

服を選ぶデートって難易度が高く感じがち。しかし彼の服装の好みを知ることができるデートはいいものですよね。ただし、注意すべきなのは漠然と「服を選ぶ」のではなく、アイテムだったり用途だったりを、具体的に伝えることです。

例えば、「最近ウォーキング始めたんだけど、そろそろウェアとか買ってみようかと思ってるんだ!」とか、「あったかいダウンが欲しいんだけど、男の人の意見も聞いてみたいから……」などというふうに、より具体性があるほど、自然なお誘いになるでしょう。

 

男性からするとセンスを問われるのでは……と尻込みしてしまいそうですが、そこは誘ったこちらが「これとこれで悩んでるんだけど……」と選択肢を出すことで、彼もアイテム選びがしやすくなります。ですから、なるべくデート時は会話をリードするようにしましょう。

(7)気遣いのひとことを添えて誘う

ただ漠然とデートに誘うのではなく、相手の状況などを考慮しているひとことを添えるだけで、気遣いのできる女性だというイメージを持ってもらえます。

例えば、

「お仕事お疲れ様! 実はこの間すごくリラックスできるカフェを見つけたの。よかったら一緒にお茶でもどうかな?」

と誘ったときに、さらに追い打ちとして、

「そこのお店の椅子がすごく座り心地がよくてコーヒーもおいしいの!最近忙しいって言ってたし、気分転換に週末行ってみない?」

などと彼のことを労いましょう。自分を労ってくれる言葉や提案は気持ちが癒されるもの。いつも一緒にいたくなってしまうような、魔法のフレーズかもしれないですね。

さまざまな例をご紹介しましたが、相手がしたいと言っていたりハマっていたりするものを知るためには、アンテナをしっかり立てておくのが大切! それがつかめれば、デートのお誘いをしやすくなるでしょう。

また彼の日常がどのようなサイクルなのかを頭の片隅に置いておくと、忙しい時期に誘って断られることも防げるかもしれません。

 

3:ついついOKしそうな男からのデートの誘いLINE!例文・ポイント

やっぱり男性からデートに誘ってもらえるのはうれしく感じるもの。できれば単に「メシいこうよ!」って言われるよりも、誘われる側が喜んでくれるような演出を期待したいところです。

では、思わず即OKしてしまうようなお誘いLINEをご紹介していきましょう。

(1)行きたいお店をチョイスしてくれる

男性同様に女性もなんてことない会話を覚えていてくれるのは嬉しいものです。

「前に気になるって言ってたお店行ってみない?」

とか

「ピザ好きって言ってたよね? ピザのおいしそうなお店見つけたんだ。デザートも充実してるから、きっと満足すると思う!」

とかであれば嬉しいですよね。女性はお店のリサーチ力が高め。だけどなるべくなら、女性が好きそうなメニューを調べて伝えることで「気遣いができる人!」と、好感度がUPすることがあるかも!

(2)女性の好きなアーティストのイベントに誘う

自分の好きなアーティストを理解してくれる相手というのは、共通の話題が膨らみますし、イベントに行くことが一緒の趣味になることも! まずはイベントにお誘いして、彼女からアーティストの魅力を教えてもらうといいでしょう。

「この間話してくれたアーティストの曲、すごい良かった! 俺もハマっちゃってさ、今度近くでライブあるから一緒に行かない?」

 

というように。イベント前にはしっかりとアーティスト情報を頭に入れていくのがポイント! その姿に「この人と一緒にいると楽しいなぁ」なんて思われちゃうかも?

(3)ご馳走するよ!という言葉を添えて誘う

食事に誘うプラスご馳走する旨を伝えることで、女性側が負担を感じずお得感を得やすいのだとか。

例えば、

「良い感じのお店見つけちゃってさ、雰囲気も良さそうだしご馳走するから一緒に行ってみない?」

ただ毎回ご馳走する体になってしまうと”都合がいい人”止まりになってしまいますので、注意が必要です。

(4)女性が好きなスイーツのお店に誘う

女性が好きなものといえばスイーツ! そんなお店を調べてプレゼンしてくれる男性は、彼女たちにとっては貴重な存在です。一緒にスイーツ巡りをするデートを提案するのも良いでしょう。

「実は最近できたスイーツカフェ気になっててさ。でも男ひとりじゃ行きづらいし……よかったら一緒に行ってくれないかな? 甘いもの好きだけどなかなか1人では恥ずかしくて(笑)」

このように誘えば、「甘いもの好きだから誘ってくれてうれしい!」となるでしょうし、その後も、どのお店がおいしいなんて意見交換する仲から、いつしかお互い気になる関係に…なんてことも?

(5)最近話題の”映える”スポットに誘ってみる

SNSで話題のスポットというのは、男女ともにテンションが上がりますよね。そんな場所を選んでデートに誘えば彼女も思わず「行きたい!」と食いついてくれるハズ。

「インスタで話題になってるあのケーキ、食べたくない? お店もよさそうだし、日曜でも一緒に行こうよ!」

など、女子の食いつきやすいものをピンポイントで。近年では写真が映える飲食店などのスポットは、SNSをしている人たちに大人気。映える写真を撮ることで、会話も盛り上がりやすくなるでしょう。

(6)ランチやお茶のお誘いをする

なんでランチやお茶限定?と思うかもしれませんが、まだそこまで仲良くなっていないときにいきなり「夜一緒にご飯にいく」というお誘いに対しては、警戒する女性もいます。

最初は昼のデートをして、相手が安心できるような雰囲気作りを心がけるようにするのがポイント!

「この前話したカフェにお茶しに行かない? ケーキおいしいから○○ちゃんにも食べてほしくて!」

お茶くらいなら、とハードルは低くなりますし、1回目のデートで誠実さをみせることで、女性としても「一緒にディナーをしてもいいかな」と思ってもらえるでしょう。

(7)人気のレジャー施設へのお誘い

レジャー施設へのお誘いは、女性の性格によってNGを出されてしまうのでは?と不安になってしまうかもしれません。ですが、アクティブな女性をデートに誘う口実にはもってこいでしょう。

「この前、バーベキューの特集見ててやって、すごく行きたくなってさ。ビルの屋上で気軽にできちゃうところとかあるみたいなんだよね。俺も初心者だし、週末一緒に行こうよ!」

というように、街中で手軽に日帰りで楽しめるレジャーを提案してあげると、お誘いにのってくれやすいでしょう。

男性からのデートも気になっているお店をチョイスしたり、女性ならOKしやすいスイーツのお店を提案したり……と女性と同じように相手が興味のあることでお誘いをするのがポイントです。そして、女性が次もデートしたいと思う話題や雰囲気を作るのが大切になってくるでしょう。

 

4:デートに誘うベストなタイミングって?

いきなりデートに誘っても断られてしまうことが多い……。じゃあ相手にYESをもらえるベストなタイミングってどんな瞬間なのでしょうか?

(1)相手との距離が縮まってきたら

相手のことをよくわかっていない時点でデートに誘ってしまうのは、誘われた側も、よくわからない相手と何を話せばいいのか不安を感じてしまうでしょう。まずは相手との距離を縮めて、そこからふたりでデートをする仲までステップアップしていくことです。

例えば、共通の話題を見つけたり、何に興味を持っているかを聞いてみたり。コミュニケーションを深めてからデートに誘うことをおすすめします。

(2)相手が自らアクションを起こしてくれたら

こちらの気持ちを一方通行で伝えても、相手は心を開いてくれません。なので自分のことを話すだけでなく、相手の情報を聞くのを忘れずに!

”あなたに興味がある”という意思を伝えることで、相手が仲良くなりたいと思ってくれたときに「自分はこんなことが好きです」と、自らアクションを起こしてくれるでしょう。

そうしたタイミングで初めて相手をデートに誘えば、断わられるリスクも自然と下がると思います。

(3)用事がなくても連絡をとれていたら

用事があるから連絡をするのではなく、なんてことない雑談だけできちゃうような仲なら、デートに誘ってもNOの返事が返ってくる確率はかなり低いはず。全然気のない相手にわざわざ連絡しようと考えることはないですよね?

このような関係なら、自信を持ってデートに誘っても心配ありません。もし断られる不安がありそうだったら、普段話しているノリで一度モーションをかけてみるといいかも。

(4)こちらの都合に合わせようとしてくれたら

デート以外でも、こちらが何かしらの予定を提案したときに、相手が都合を合わせようとしてくれる態度はお互いの仲が深まっている目安になります。そういったタイミングを見極めてデートに誘えば、OKサインが出ること間違いナシ!

このような仲になっているなら、ふたりきりになれるようなお誘いをしても断られる心配は無用でしょう。相手もきっとあなたのことを気になる存在だと思っているはず。

(5)質問をしてくれて自分に興味をもってくれていたら

会話のラリーが続く中で相手が自分に興味を持ってくれているとわかるのが「質問」をしてくれる行動です。あなたはどんな人で、どんなことをするのが楽しいの?なんて積極的に聞いてくれる態度には好感触を感じていいでしょう。

そのような雰囲気を察知したら、デートをしたいと提案してみて! そのタイミングで渋るようなら相手も恋の駆け引きをしたいのかも? めげずにお互いのことを知ってもう一度お誘いしてみてくださいね。

(6)相手にやってみたいことがあったとき

デートに誘いたい相手が「○○したい」なんて発言を耳にしたら、すぐにイベントデートを企画しましょう。

相手の趣味に積極的な姿勢をみせるのは好印象を与えられますし、タイミング的にもバッチリ! その際にイベントの下調べは余念なく行い、なるべくならエスコートできるようにしておくと良いかも。「デキる人だな」と株を上げやすくなります。

(7)デートで断られたときこそ、友人を交えて

デートに誘ってみたけれど「ふたりきりは……」と相手が言葉を濁したのなら、まずは相手の友人を交えて遊んでみるといいでしょう。仲介してくれる人(なるべく相手側の友人が好ましい)がいると、相手がどんな人なのかを”違う人の目線”からも知ることができます。

またふたりきりに緊張してしまう場合にも、お互いの友人を交えて何度か遊び、交流を深めてから、デートに誘うタイミングをはかってもいいでしょう。

このように基本は相手と仲良くなりお互いがどのような人かわかってから誘うのがマナー。そのステップをクリアしたら、相手の要望や性格に応じたタイミングを見計らってデートに誘うようにすると、成功する確率が上がるのではないでしょうか?

 

5:的確なLINEでの誘い文句が、恋愛を制す♡

男性からデートに誘う場合は、相手の気持ちを考慮し、なるべく最初は昼デートを提案するのがベターだと筆者は思います。また女性側からのお誘いは相手の「興味があるもの」に狙いを定めたデートを提案するのがおすすめ!

いまいちどう誘っていいのかわからない……と思ったら、これらの例を参考に相手が行きたいと思うような誘い方を考えてみてくださいね!