シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

LINEで「遅刻します」って社会人としてアリ!? 驚きのビジネス新常識

最近、とみに増えている電車の運行見合わせ。通勤途中に、電車がいきなり緊急停止。「わーっ遅刻しちゃうかも!」と焦ることありませんか?

とくに何の予定もなければ、のんびり出勤できますが、朝いちで会議、大事な打ち合わせの予定があったりすると本当に自分の運の悪さを呪います。

急いで会社に連絡したいところですが、車内で通話はご法度。さりとて動き出した後に電車を降りて、電話も面倒だし、「上司にLINEしちゃおっかな?」と思ったことはありませんか?

そこで今回は、社内のコミュニケーションツールの最新事情についてご紹介します。

 

■1:LINE利用者は70%以上!「50代も67.9%」

すっかり定着したSNS。なかでもLINEの利用率はダントツの高さです。

ジャストシステムが「SNSの利用実態についてのアンケート調査」を実施したところ、現在使っているSNSサービスは、「LINE」(74.5%)が最も多く、続いて「Twitter」(43.1%)、「Facebook」(42.7%)、「Instagram」(15.9%)との結果に。

なかでもLINEは昨年と比較し、30代は67.0%から73.3%、40代は60.7%から65.0%、50代は57.9%から67.9%と、いずれの世代でも利用率が伸びています。とくに50代の伸びは著しく、10%も大幅にアップしている結果になりました。

 

■2:LINEじゃなくてメールならOK?

自分と年齢に近い社会人や上司であれば、ほぼLINEを利用しているといっても過言ではないでしょう。

とはいえ、やはり気になるのがビジネスマナー。上司への報告は直接もしくは、電話ですることが常識とよくいわれています。

しかしこのビジネスマナー、IT導入以前の、コミュニケーションツールが電話の時代に生まれたもの。一般社団法人日本ビジネスメール協会によれば、現在ビジネスコミュニケーションのツールとして、「メール」(98.33%)が最も多く、「電話」(92.67%)、と続きます。

電話できない状況であれば、とりいそぎ、メールやショートメールで状況を報告するというのも、それほどマナー違反ではなさそうです。

 

■3:職場のルールに従うのがベター

一方、Web上では、「電話で直接が当然」や「メールならOK」、「LINEも職場でグループを作っているので、欠勤の連絡や業務連絡もそれでOK」、「Twitterでつぶやく」などびっくりの常識も。

どうやら、職場によってそのルールはさまざまのよう。まずは同僚や上司に相談するのが最も失敗がなさそうです。

これまでは電話連絡が普通だったとしても、案外とSNSに理解があり、手段よりもきちんと時間内に報告をくれたほうがいいと考える上司もいるかもしれません。

LINEは、メールよりも簡単にメッセージを送れますので、効率化という点においても優れものです。

 

以上、社内のコミュニケーションツールの最新事情についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

LINEの業務連絡も、実際にやり始めてみると、休日に上司からの意味不明のスタンプが来たり、なんと寝る前に上司からの長文のメッセージが来たりと、案外デメリットのほうが多いかもしれません。失敗しないためには、職場でよく検討することが重要でしょう。

加えて、同社の調査によれば、初めて会う相手からの連絡方法として、失礼だと思うツ-ルは「LINE」(50.87%)、「Twitter」(41.73%)、「Facebook」(35.00%)とありますので、SNSは、仕事で外部の人への初めての連絡には避けたほうがよい手段だといえます。

その時の利用状況やメッセージを送る相手に合わせて、上手く活用していきたいですね!

 

あわせて読みたい