シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

LINEが遅いと脈なし?LINEの返信が遅い男性・女性心理6選

1:LINEの返信が遅いのは脈なし?

気になっている人が、もともと返信の遅い人なら特に心配にはなりませんが、「以前はすぐに返信が来たのに、最近は返信が遅くなってきた」という場合、「嫌われてしまったのかな……」と不安になりますよね。

特にLINEだと、既読がついているのに返信がないと、もどかしい気持ちになるでしょう。

はたして、返信が遅い人はいったいどんな心理なのでしょうか。男女別に見ていきましょう。

 

2:LINEの返信が遅い女性心理3つ

(1) 気になる人とのLINEはちゃんと考えたい

「好きな男の人からのメッセージにかぎって、返信が遅くなっちゃうんですよ。友達とのLINEは、ひとことだけとかスタンプだけで、片手間で返せるんです。

でも好きな人からのLINEは、会話を途切れさせないようにしたいし、アプローチできるチャンスがあればしたいから、文章をちゃんと考えて返信したくて……。アレコレ考えているうちに、つい返信が遅くなってしまうことは多々ありますね」(Aさん・21歳女性/大学生)

(2) アプローチされないため、あえて遅くしている

「好きでもなんでもない人をその気にさせても悪いので、そういう人からのメッセージはわざと返信を遅くすることがあります。

大した用もないのにLINEを送ってきたり、ごはんとかに誘われそうな感じがしたら、わざと返信を遅くしたり、既読無視して放置する(笑)。そういう反応の薄さで、脈なしなんだよっていうのをわかってほしい」(Mさん・31歳女性/OL)

(3) 相手のメッセージに引いている

「例えば、下ネタ混じりのメッセージを送ってくる男性。けっこうドン引きされていますよ(笑)。彼氏ならともかく、ただの男友達からそういう話をされてもキモいだけ。既読スルーしますね。

あと、つい最近あった話なんですが、マッチングアプリで知り合った男性から”飲みに行こう!”ってLINEがきて、お店のURLを見たら、あきらかにラブホテル街にあるお店で。酔った勢いで連れて行こうっていう魂胆なんでしょうね。

ストレートな下ネタじゃなくても、そういう遠回しの下ネタだって女性は普通に気づいていますよ」(Aさん・27歳女性/美容師)

 

3:LINEの返信が遅い男性心理3つ

(1) 精神的に余裕がない

「男って、女の人に比べると、いろんなことを同時に考えるのが苦手で、ひとつのことに集中するとそれ以外のことに気が回らなくなりがちっていうのは有名な話ですよね。

だから仕事のスイッチが入っているときは、“プライベートのLINEなんてまったく頭に入ってこない”っていう人が多いと思う。僕はまさにそういうタイプの人間です(笑)。仕事をきちんとこなしながら、都度LINEを確認して返信する、そんな器用な真似はできません。

仕事の休憩中にメッセージを見ることはありますが、仕事モードが抜けきっていないので、その場ですぐには返信できない。その結果、既読無視になっちゃうことがしょっちゅうあります」(Oさん・29歳男性/営業職)

(2) 面倒くさい

「そもそもLINEのやりとりが面倒くさいと感じる男の人って、けっこう多いんじゃないかな。内容がない話題のときは特に面倒くさいなと思います。

特に美容関係の話題は嫌ですね。“今日美容院に行ってきたんだ”とか、“渋谷でネイルしてきた!”と言われても、だからなんだよって感じ……(笑)。せめて写真も送ってくれたらまだマシかな。感想を言えるし、視覚的に楽しめるので。

あと、重い内容のLINEもめっちゃ嫌。長文を打つのが面倒くさいし、そもそもそういう話は、どう返信したら内容に困る。重い話題はLINEじゃなくて、直接会ったときに話してほしいな」(Iさん・30歳男性/公務員)

(3) 駆け引きをしたい

「好きな子からのLINEは、あえて返信を遅らせることがあります。焦らしというか、駆け引きというか。返信を待っている間って、相手のことを考えちゃうじゃないですか。そうしているうちに、俺のことをもっと好きになってくれたらいいなって。

まあ、もしかしたら僕が勝手に盛り上がっているだけで、彼女は全然僕のことなんて考えていないっていう可能性もあるけど……(笑)。

考えていないように見えて、実は男もLINEの返信頻度とか、こまかいところも意識しているんですよ」(Yさん・25歳男性/会社員)

 

4:LINEの返信が遅い友達への対処法3つ

恋愛関係でなくとも、LINEの返信が遅い友達って周囲にいませんか? 恋愛関係とはまた別の感情として不安になったり、イライラしたりする人もいるのではないでしょうか。そんなときの対処法について考えてみました。

(1) 自分から催促LINEをする

LINEの返信が遅い友人。どうでもいいくだらない内容ならいいですが、返信をなるべく早めにもらいたい内容ならば、こちらから催促のメッセージをするのが対処法となるでしょう。

「あー、また返信遅いな〜」とイライラするのは損。もともとLINEの返信が遅い友達と自分の中で認識しておいて、「催促LINE」を機械的にするようにすると、無駄に神経質にならずに済むでしょう。

(2) 相手のペースに合わせる

返信が遅いのは、仕事が忙しかったり、たまたまひとりになりたい気分だったり、なにか特別な理由があるのかもしれません。ときには相手のペースに合わせることも大切です。先ほど催促のLINEの話をしましたが、それはあくまで、返信がないと困る場合のみ。

普段だったら、返信が来るまで待ち、相手の返信頻度と合わせてあげるのも、友達としての気遣い。「無理して合わせる必要のない、居心地の良い関係」のほうがお互いに気楽でいいのではないでしょうか。

(3) ポジティブなメッセージを送るように心がける

LINEの返信が遅い理由は、ひょっとするとあなたに原因があるのかも。たとえば、愚痴やネガティブなメッセージばかり送ってしまっては、返信が遅くなるのも当然でしょう。

たとえ相手が友人でも、毎日のように愚痴を聞かされてしまえばウンザリしてしまうことだってあります。

気心の知れた仲とはいえ、おもしろい話や好きなもの、相手の趣味や興味のある話題を提供してあげるといいでしょう。

 

5:返信が遅くても脈なしではない!

LINEの返信が遅い理由にはさまざまな事情があり、「返信が遅い=脈なし」というわけではありません。「以前は返信が早かったのに、最近は遅い……」というシチュエーションでも、手がはなせない事情があるか、たまたま気分が乗らないか、そういった一時的なことが原因になっていることも多いです。

気になる人からの返信が遅くても悲観せずに、返信がない間に楽しめる話題を考えて置いたり、ときには相手のペースに合わせてみたり、そうした工夫をしてみるといいでしょう。