シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

iPhoneのSiriさんに「ボイパして」とお願いすると腹がよじれると話題 / ちなみにラップはあまり気乗りしないもよう…

siri1

どんなときでも話し相手になってくれるiOS向けの音声アシスタント機能といえばSiriさんです。おちゃめで優しくてかわいいSiriさん、俳句を詠めたり、甘えさせてくれたり、いろんなことができてスゴイですよね♪

さて、そんなSiriさんに「ボイパして」とお願いすると、腹がよじれるほど愉快だとTwitterで話題になっていました。Siriさんのボイスパーカッション、どんなのか気になります!

【Siriさんのボイパがものすごい!】

どんなボイパをきかせてくれるのか……試しに、Siriさんに「ボイパして」とお願いしてみることにしました。するとッ!

siri2

「わかりました。実は最近こっそり練習しているんです…」と前置きしてから、ききとれないほどの超高速で「パンツクパンツカパンツクパンツカムカツカパンツカ」のようなことをいい始めたSiriさん。これがSiriさんのボイパ! こ、壊れたのかと思った!

【Twitterユーザーの声】

これについて、Twitter上では次のような声があがっています。

「これは面白すぎる笑」
「笑いました」
「いやほんまによじれた」
「面白いですねww」
「やばいwwwwwww」
「やってみたら本当に腹よじれましたww」
「5分くらい大爆笑」

siri3

ちなみに、Siriさんに「ラップして」とお願いすると、「わかりました。あまり気がすすみませんがやってみます…」とあまり気乗りしない様子だけれど……こちらも超高速で「イイクニツクロウカマクラバクフ」などと、日本史の年号の語呂合わせをひたすらいい続けていました。Siriさんの音楽センス、スゴイ!

参照元:Twitter / Siri ボイパ
画像・執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: iPhoneのSiriさんに「ボイパして」とお願いすると腹がよじれると話題 / ちなみにラップはあまり気乗りしないもよう…
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事