シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

87%の女子が支持!ビンボー男子の境界線は貯蓄額「100万円」

結婚相手に、どのくらいの“おカネ”を求めますか?

経済の先行きが不透明な時代ですから、蓄えが多い男性がイイ!という女性もいれば、とにかく高収入男子を狙っている!という方もいるでしょう。

『ラルーン』が1,407名の女性に実施した調査によると、「高収入の浪費男」VS「平均的な収入の節約男」の二択なら、87.1%もの女性が後者を選ぶと回答したそう。

時代は、バブル系男子より堅実男子に人気が高まっている実態が読み取れますよね。

では、“堅実男子”だと思っていたのにタダのビンボー男子だったら……、あなたはどうしますか!?

同調査をもとに、堅実男子とビンボー男子の境界線になる“貯蓄額”をお伝えしましょう。

 

■貯金100万円以下は単なるビンボー男子!?

「彼の貯金がいくらだったら幻滅しますか?」との問いに、もっとも多かったのは225票を集めた「いくらでもいい」だったものの、具体的な金額として99票を集め3位になっていたのは、「100万円以下はNG」でした。

「俺って倹約家だからさ!」とアピールしていたのに、いざ蓋を開けてみたら貯蓄は100万円にも満たなかった……という男性は、単なるビンボー男子に認定しちゃいたくなる女子が多いようです。

 

■50万円以下はもっとNG!

続いて、102票を集め2位になった金額は「50万円以下はNG」というもの。

節約に励む男性の姿を見て、「ウチの彼ってば、ホント堅実~」と安心していたのに、貯蓄額が50万円にも満たない場合、ビンボー男子な実態を知って愛情が冷める女子もいそう。

たしかに、貯蓄額50万円だと結婚式や結婚指輪、新居準備など現実的な将来を描いたときに、なかなか厳しいものがありますよね!

 

いかがですか?

同調査では、「借金がなければOK」と109人が回答し、「愛があれば貯蓄なんて!」という健気な女性も意外と多いよう。

たしかに、貯金が数百万あっても、同じくらい個人で借金をしている男性は、危ういイメージがありますものね。

同調査を紐解いてみると、貯蓄額101万円以上の男性には多くの女性が合格点を出すよう。あなたは、彼にどのくらいの蓄えを求めますか?

 

【画像】

wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)