シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

77歳は「喜寿」、では120歳ならば? 答えに納得!!

9月の第3月曜日は「敬老の日」。今回は、長寿の節目をお祝いする賀寿についてお届けします。

あなたは全部言える? 賀寿のお祝い

9月16日(月)は敬老の日ですね。敬老の日にちなんで、長寿を祝う節目の年齢である「賀寿(がじゅ)」について確認しておきましょう。あなたはいくつ知ってますか?

◆60歳:還暦(かんれき)

還暦
(c)Shutterstock.com

生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。なんと、誕生日の曜日も生まれた日と同じになります。長寿祝いの色は。還暦のお祝いといえば、赤いちゃんちゃんこが有名ですね。

昔、赤には魔除け厄除けの意味があるとされていました。男性は厄年と還暦が重なるので、厄除けの為に赤いものを身につけた方がいいとのことで、赤いちゃんちゃんこを身につけるようになったそう。

◆70歳:古希(こき)

中国の唐時代の詩人、杜甫(とほ)の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。稀と言われるほど、七十歳を迎えることはおめでたいことだったのです。長寿祝いの色はです。

◆77歳:喜寿(きじゅ)

「喜」という字の草書体「㐂」が、七十七に見えることに由来しています。長寿祝いの色はです。

◆80歳:傘寿(さんじゅ)

「傘」の略字「仐」が、八十と読めることに由来しています。長寿祝いの色は黄(金茶)です。

傘寿
(c)Shutterstock.com

◆88歳:米寿(べいじゅ)

「米」の字をくずすと八十八になることに由来しています。日本で「八」は縁起がいいとされているため、八が2つ重なる88歳をお祝いの年とする風習が生まれたと言われています。長寿祝いの色は金茶)です。

◆90歳:卒寿(そつじゅ)

「卒」の略字「卆」が九十に読めることに由来しています。長寿祝いの色は

◆99歳:白寿(はくじゅ)

百から一を引くと「白」となることに由来しています。長寿祝いの色もです。

◆100歳:紀寿(きじゅ)

100年を一世紀ということに由来しています。長寿祝いの色は、こちらも

紀寿
(c)Shutterstock.com

◆108歳:茶寿(ちゃじゅ)

茶の字を分解すると、「茶」の草かんむりが二つの「十」に分解できることからこれを「二十」とし、下は「八十八」に分解できるため、20と88を足すと108になることに由来しています。

◆111歳:皇寿(こうじゅ)

皇の字を分解すると、「皇」の上部「白」が百から一を引いた「九十九」、下部「王」がに分解できるため、99と12を足し合わせて111になるところに由来しています。

◆120歳:大還暦(だいかんれき)

2回目の還暦に由来しています。

◆125歳:天寿(てんじゅ)

天から与えられた寿命」に由来しています。「天寿をまっとうする」は、天から与えられた寿命を生き、その命を天に返すことを意味します。

※その昔、100歳をこえてお祝いをすることがなかったことから100歳以上の長寿祝いの色は決まっていないそうです。

いかがでしたか? 平均寿命が延びている現代、天寿のお祝いをする日もそう遠くないかも、しれませんね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com