シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

7月28日はナッパの日!彼と一緒に「幸せになれる葉物野菜」4つ

7月28日は菜っ葉の日。7(ナ)2(ッ)8(パ)の語呂に合わせて野菜を食べようという日です。

ちょうど暑くなってきて、偏食がちな毎日にカレと共倒れで夏バテ中なんて方も多いのではないでしょうか。

そんなときは葉物野菜を食べて元気になりましょう! 今日はカレと一緒に食べることで「幸せになれる」野菜を4つご紹介したいと思います。

 

■1:キャベツ

キャベツには“キャベジン”といわれる成分がたっぷり。夏バテで荒れた胃の粘膜を強化する役目があります。

加熱するとビタミンUなどが失われてしまうので生食がオススメ。千切りにしてサラダにしてしっかり栄養分を摂りましょう。

千切りできるところをカレに見せれば、「このコ、家庭的で良いな」と思わせることもできるかもしれませんよ。

 

■2:レタス

レタスにはカラダにこもった熱を冷ます働きがあります。この時期であれば、豚肉をレタスで巻いて食べることで、胃の疲れを癒やしてくれるビタミンB1なども一緒に摂れて一石二鳥です。

 

■3:ハクサイ

ハクサイなんて冬野菜でしょ?と思いがちですが、ハクサイに含まれる栄養素は夏バテ防止にぴったりなんです。ハクサイにはビタミンCやカリウム、カルシウムなどの他にカロテンや食物繊維が豊富に含まれています。

さらにハクサイには古来、風邪予防の特効薬として愛用されてきたそうで、免疫力が落ちてきたカラダを整えてくれる役目もあるのだとか。

浅漬けなどにしておくことで、整腸効果も期待できます。おうちデートのおつまみとしてカレと一緒にモリモリ食べれば、夏風邪知らずのカラダを手に入れられることでしょう。

 

■4:パクチー

カラダを冷ますのも良いですが、恋人同士の熱い夜を過ごすためにはパクチーが良いです。パクチーには催淫効果があると言われ、中世のアラビアでは“相手を惚れさせる薬”として利用されたこともあるとか。

会社帰りのお食事デートはタイ料理店に行くことで、パクチーの恩恵をたっぷり受けちゃいましょう。ホットな夜が待っていることでしょう。

 

以上、健康にも美容にも良い葉物野菜のご紹介でした。いかがでしたか? 今日から多めに野菜を食べて盛夏を乗り切ってくださいね!

 

【参考】