シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

7割のミドル世代が実現!? 転職で年収アップする「評価ポイント」トップ3

どうせ転職するのだったら、年収を今より上げたい!という方は多いですよね。

職を変えることで収入が以前より下がってしまう人もいれば、大幅にアップする人もいるのは事実。では、転職によって年収アップを実現している人は、どんな特徴があると思いますか?

エン・ジャパンの調査情報をもとに、“年収がアップする転職のコツ”を3つご紹介します。

 

■7割が年収アップを実現!?

転職コンサルタントに現在の実情を調査してみると、約7割が、人材紹介サービスを通じたミドル層の転職では「年収が上がるケースが多い」と回答しているそう。

では、年収が上がる人が評価されているポイントは、どこにあるのでしょうか。

さっそく、トップ3をお伝えします。

 

■1:リーダーシップ

評価されるポイントとして、41%が選び2位になっているのは「リーダーシップ」。

いい意味で対人影響力をもつ人材を迎え入れたいと考えている企業は少なくなさそうですよね。

面接で年収アップを交渉したい方は、これまでの経験のなかから、とくにリーダーシップを発揮したと自負している点をアピールすると強みになりそうです。

 

■2:コミュニケーション能力

続いて、同じく41%が選び同率2位になっていた評価ポイントは、「コミュニケーション能力」です。

他者との意思疎通が円滑にできる人材を求めている企業も少なくないよう。

対面だけでなく、メールや電話などでも高いコミュニケーション能力が発揮できる人は、転職でも大きな強みになるようです。

 

■3:専門スキル

そして、84%が選びトップになっていたのは「専門スキル」。

転職者には即戦力を求める企業が多いなか、高い専門性を有する人材を求めている実態がうかがえる結果です。

転職で年収アップを図りたい方は、ご自身の専門分野を洗い出し、より強くアピールすることで専門スキルを印象付けることができそうです。

 

以上、“年収がアップする転職のコツ”を3つご紹介しましたが、いかがですか?

面接時に、どれだけ“強み”をアピールできるのかが、転職後の年収を左右するといっても過言ではないでしょう。

限られた時間に、自分のスキルを理解してもらうためには評価ポイントに絞ってアピールすることも大切です。

転職で年収アップを狙っている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい