シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

65%の便秘女子が知らない!「スッキリ女子」が2倍もやってる習慣とは

体調が本調子じゃないと、仕事にも悪影響が出ますよね。

ダルい、ツラい、ボーッとする……などなど、“病気”とまではいかなくても不調を抱えていると、気持ちまで沈みがちです。

ところで、あなたは“お通じ”にお悩みを抱えてはいませんか?

サイキンソーの調査では、65%もの女性が“3日以上出ない”状態に苦しんだ経験があるのだとか!

そこで、同調査を参考に、スッキリ女子がしている習慣についてご紹介します。

 

■65%が3日以上の便秘に悩む

30~40代の女性398名に実施した調査によると、現代女性の2人に1人は“お通じ”になんらかの悩みを抱えているのだそう。そのうち、便秘で悩む女性は9割にも達するとのこと。

あなたも、慢性的な不調を抱えていますか?

具体的な不調として、「3日以上つづけてでないことがある」という女性が64.5%、「排便をするときに固くて不快感がある」が37.4%、「排便はあるがすっきりしない」が31.8%と並んでいます。

明らかに出ない“便秘”に加え、“出てるんだけど出し切っていない感”があってスッキリできていない女性が多そうです。

 

■“便秘苦しみ子”は知らないスッキリ女子のトレンド習慣!?

便秘に悩む女性ほど、食生活にも気を使っていることでしょう。

実際、同調査によると、恒常的な便秘に苦しんでいる女性が毎日継続的に食べている食品として、ヨーグルトや、納豆などの発酵食品が上位に挙げられています。

一方、便通にお悩みを抱えていない“スッキリ女子”も、これらの食品を摂取しているよう。

同じような食品を食べていても、便秘に悩むか悩まないかの境界線は、他の食品にも秘密がありそうなんです。

同調査では、スッキリ女子は便秘女子より「雑穀米やえん麦、大麦などの食物繊維が豊富な穀物」「グラノーラ等のシリアル類」の穀物製品を継続的に食べている点が発覚!

便秘に悩む女性が2.4%しか習慣にしていないのに対し、スッキリ女子では5.8%と、その差は2倍にもなったそう。慢性的なお悩みを抱えている方は、穀物の摂取を意識してみると変わるかもしれませんね!

 

以上、スッキリ女子がしている習慣についてご紹介しましたが、いかがですか?

穀物の習慣化は、働く女性にとって意外と簡単に試せるのも嬉しいポイントなのでは。グラノーラは出勤前の慌ただしい時間でも手軽に習慣化できますし、雑穀米なら夕食時に炊くなどして、楽しく工夫できそうです。

いつもの“ゴハン”にちょっとした手間を加えて、便秘を自然に解消したいですね。

 

あわせて読みたい