シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

5人に1人が…愛情ゼロ!? 夫が冷めきる「働き妻の行動」ワースト3

夫に対して、今も“恋ゴコロ”を持っていますか?

結婚生活が日常になるにつれ、「こんな人だったっけ!?」って思っちゃうシーンに遭遇するもの。あなたが思っているように、夫だってあなたの姿を見て、同じことを考えちゃってるのが現実かも。

ゲンナイ製薬の調査によって、夫婦間の愛情が冷める意外なポイントが続々と明らかに……。 あなたも、多忙を理由にパートナーに嫌われちゃう言動を無意識にしているとしたら、要注意ですよね。

さっそく、夫の愛情が冷める妻の行動ワースト3をご紹介します。

 

■既婚者の4人に1人は恋ゴコロを失っている!

500人の男性に「最近1年の間に、パートナーに対してときめきを感じる(恋心を感じる・惚れなおす)ことがあった?」と質問してみると、全体では25.5%が「全くなかった」と回答したんです!

男女別では女性が31.8%、男性は17.2%となっていて、男性のほうが女性よりも恋心が冷めにくいものの、それでも5人に1人の夫は妻にまったくときめいていないのです。

そこで、その具体的な理由を尋ねたところ、次のような理由が明らかに。

 

■ワースト3位:家事をしない

34.7%が選びワースト3位に挙がった理由は、「家事ができない・非協力的」という実態でした。共働きカップルだからこそ、互いに協力しあって家事をする必要があるのに、どちらか一方に負担が大きくなっている場合、愛情が冷める原因にもなるようです。

 

■ワースト2位:経済観念がない

続いて、35.1%が選びワースト2位になった理由は、「経済観念がない」でした。

「自分で働いたお金をどう使おうが自由でしょ!」とばかりに、好き放題にお金を使っているパートナーを見て、冷静に恋ゴコロが冷めていく人も少なくないよう。

指摘されないからといって、あまりにも散財しているようだと、お金を使った分だけ夫の愛は減っている……という悲しい現実もありそうです。

 

■ワースト1位:ズボラ

そして、49.0%と圧倒的な人が選びワースト1位になっていたのは「生活がズボラ(片付けしないなど)」というもの。

仕事が忙しいと、つい片付けや掃除が億劫になりがちですが、そんな妻の姿を見てスーッと愛情が冷めている夫もいるようですね。

 

以上、夫の愛情が冷める妻の行動ワースト3をご紹介しましたが、いかがですか?

同調査によると、この1年間で結婚相手にときめいたことのない人ほど、ワースト3の項目を選んだ割合が高かったそう。それだけ、夫婦間の愛情に直結するポイントといえそうですよね。

あなたも、無意識にこんな行動をしてはいませんか? 心当たりがある方は、今すぐ改めることで新婚時代のラブを取り戻せるかもしれません!

 

【参考】

あわせて読みたい