シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

4位自分だけ昼寝…仕事復帰したワーママの「夫への不満」ワースト5

慣れない育児ではあるものの、産休中はそれほど時間の縛りもなく、なんとかやってきたママ達。でも、いざ職場復帰となると、朝は髪を振り乱し自分と子どもの準備をして猛ダッシュで保育園に送り届け、仕事が終われば一目散にお迎えへ。毎日がヘトヘト……というママも少なくないでしょう。

「もっと夫が手伝ってくれたら」「せめてこれをやってくれたら」「どうしてちゃんとしてくれないんだろう……」と、イライラの矛先がつい夫に向かってしまうこともありますよね。

そこで今回『BizLady』では、出産後に仕事に復帰したママ達141人に「夫に対する不満」を聞いてみました。2歳の双子育児中の筆者も思い切り共感した“復帰後あるある”の結果から、ランキング上位5つを早速見ていきましょう。

第5位:「お金を貯めたいのに散財してしまう」(15.6%)

子どもが産まれると何かと出費もかさむもの。また、これから成長していく上で必要な教育費のために、本当はしっかりと貯金をしなくてはいけないはず。なのに、親である夫が散財……これはイラッとする大きな要因になりますよね。

子どもの養育費と一緒に、夫婦2人の老後のお金のことも考えなくてはいけないと思っている人もいるでしょう。

もう少し自覚を持ってほしいと思わずにいられない納得の5位ではないでしょうか。

第4位:「休みの日も自分だけゆっくり起きたり昼寝をしたりする」(17.0%)

休日もちゃんと朝早く起きてご飯を作り、大量の洗濯物を片づけるべく洗濯機を回し、朝からフル回転で家事をしているのに、夫は全然起きてこない。「いったい私はいつ休めばいいの?」というワーママの心の叫びが聞こえてきそう。

さらにちょっとだけ育児をしてくれたものの、ランチ後に「静かだな〜」なんて思っていると、まさかの昼寝! 「ありえない……」と怒りで震えてしまう人もいるでしょう。

夫の“自分だけゆっくり問題”は、夫婦間の大きなケンカの火種となることも。2人で早めにきちんと話し合い、なるべく公平にしたいものですね。

第3位:「家事を手伝わない」(22.0%)

予想通りと言うべきか、3位にランクインしたのは「家事を手伝わない」問題。

働いているママだけが家事をするのでは、本当に負担が大きくなってしまいます。平日は夫の仕事が忙しくて分担が厳しいのなら、週末の家事は担当してもらうなどルールを決めておきたいものですね。

また、夫に家事を増やされることも多々あるはず。例えば、服を脱ぎっぱなしにする、少ししか着ていないものをしょっちゅう洗濯に出す、お皿やコップを必要以上に使う、などなど。少しでも気遣ってくれれば家事のイライラも減るかもしれないですよね。

第2位:「育児を手伝わない」(24.1%)

子どもは夫婦2人の宝物であるはず。なのに、育児はママが主流になっていることがまだまだ多いですよね。長い間抱っこしたり、一緒に遊んであげたり、本を読んであげたり、中にはパパのほうが得意なものもあるでしょう。

パパ達の中には、「子どもがママじゃないと泣くから」という人もいますが、小さな頃から育児に参加していれば、子どももパパにちゃんとなつくはず。育児に積極的に参加するパパたちが増えてほしいと願うばかりですね。

第1位:「とくに不満はなくちゃんとやってくれている」(38.3%)

堂々の1位は、世のパパたちにとってはなんとも嬉しい結果に! しかも4割弱が回答しダントツとなりました。

ママが働く家庭では、パパの協力が絶対に欠かせない育児。子どもが成長して、できることが増えたらいつの間にかやらなくなった……なんてことがないように、夫婦でよく話し合い、協力しながら子育てをしていけたらいいものですね。

以上、出産後に仕事復帰したママの夫に対する不満ランキングでしたが、いかがでしょうか?

ママが家事も育児も仕事もフル回転だからこそ、夫のサポートは必須。将来、子育てがひと段落したときに「あのときは〜だったね」「子どもが小さい頃は〜だったね」なんて、いい思い出話ができるような関係を目指したいところです。

ワーママの皆さん、夫の協力を得て前向きにがんばりましょうね!