シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

3Pしたい人ってどんな心理なの?3Pプレイのメリットとデメリット

1:3Pしたいって思ったことある?

アダルトビデオの正解ではジャンルとして確立している3Pですが、現実に3Pをやってみたい」と思う人は存在するのでしょうか。『Menjoy!』では独自のアンケート調査を実施。20代〜30代の男女412人を対象に、「3P(3人での性行為)に興味はありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・123人(30%)

ない・・・289人(70%)

意外にも興味があると答えた人が多い結果になりました。単純計算で、3Pに誘ったら、10人に3人は乗ってくれるかもしれないということになりますね。

 

2:なぜなの?3Pしたい人の深層心理

なぜ複数人でエッチしたくなるのか、その心理を分析してみました。

(1)非日常的だから

通常、エッチというのは一対一でするもの。お互いの愛情を確かめ合う親密な好意です。一方、複数人でエッチをするというのは、お祭り的な賑わいがあります。お祭りというのは、つまりはハレ、非日常です。3Pしたいという人は、セックスをもっとカジュアルに、スポーツ的に、行為そのものを楽しみたいという気持ちがあるのかもしれません。

(2)SかMの性癖がある

 

自分にSかMの性癖がある場合は、3Pだとそれがより満たされやすいという実態があります。もっと相手に攻められたい、辱められたいという気持ちと、攻められている姿に欲情したいという気持ちがマッチすると、3Pはかなり盛り上がるでしょう。

また、普段からふたりだけのエッチでSMプレイをしていて、シチュエーションや刺激に慣れてしまった場合は、「もうひとり足して、さらに刺激をプラスしたい」という欲求が高まりそうです。

(3)普通のエッチに飽きた

長く同じ相手とセックスしていると、相手のテクニックやエッチのクセがわかってしまい、マンネリしてしまうこともありますよね。決まった相手とのエッチに飽きてしまったときに、もうひとりが加わることで、エッチ自体の進行が変わり、知らなかった相手の一面を見ることもできます。

(4)自慢したい

3Pはレアなエッチのプレイ。だからこそ、3Pに興味をもつという人もいるでしょう。「いい女を抱いた」という自慢をする男性は多いですが、それはありがち。しかし3Pの場合は、相手の了承など、条件がそろっていないとできないので、「3Pした」という経験はかなりの自慢になるといえます。

(5)より大胆になれるから

3Pは人数が増えたぶん、より激しいプレイになるでしょう。3Pでは、おそらく、自分が愛していない人が加わる場合もあるでしょう。好きな人であれば、自分の性癖に遠慮が出てしまうなんてことも多くありますが、3Pであれば、ある種の無礼講。相手の様子を伺いつつも、自分の性欲を最大限に満たすエッチが可能なのではないかと筆者は考えます。

 

3:3Pのココがスゴイ!3Pのメリット

(1)忘れられないエッチになる

「大学のときに、仲が良かった男の子ふたりと飲んでたら、終電がなくなっちゃって。これ以上飲むっていう感じでもなかったから、3人でラブホで朝まで寝ようってことになったんですが、部屋のベッドに入ったら、なんとなくそういう感じになってきちゃって、3Pしたことがあります。

けっこう酔っ払っていたから、理性がぶっとんでいたのもあったんですが、ふたりの男性に激しく求められる経験は、正直、めちゃめちゃ気持ちよかったですね。体を触られたり舐められたりするのも、2倍だし、ひとりに胸をもまれながらもうひとりにアソコを……っていうのも、すごくエロチックで最高でした。ふたりの男性が入れたがって、私を取り合うようなシチュエーションにも興奮しっぱなし。今でもたまに思い出すとキュンってなります」(Iさん・24歳女性/秘書)

(2)テクニックを磨ける

 

「男性ひとりと私と女友達とでエッチしたことがあります。他の女子がどんなことをしてるのかって、滅多にみられないじゃないですか。だから面白かったです。だんだん、どっちが彼を気持ちよくさせられるか、みたいな競い合いにもなって、私たちもめちゃめちゃ興奮していたと思います。

すでにシチュエーションがイレギュラーだから、エロすぎて軽蔑されたらどうしようっていう感情もないし、そもそも、ビッチだと思われて嫌われたくないっていうほどの思いもそこまでなかったので(笑)。恋愛感情が強くない相手との3Pって、とことんできてできて最高ですよ」(Hさん・32歳女性/看護師)

(3)欲望にオープンになれる

「3Pは、いってしまえば特殊な性癖を持つ人同士のエッチですよね。彼女に普段は頼み込めないようなことでも、交わる人たちみんなアブノーマルという前提であれば、気軽にいろいろな性癖をオープンにして、お願いすることができるんです。自分の欲望にオープンになれるところが気に入ってます」(Uさん・28歳男性/公務員)

 

4:ノリでやって後悔も…3Pのデメリット

(1)性病や妊娠のリスクがある

「私の友人の話ですが、3Pをしていて盛り上がりすぎちゃって、避妊具をつけ忘れたみたいで、その後、生理が遅れて焦っていた友人がいました。妊娠した場合は、どっちの男性の子どもかわからないですから、焦るのも当然ですよ。人にも相談しにくいし。エッチする人数が多くなることで性病のリスクも上がると思います」(Uさん・28歳女性/看護師)

(2)体力的につらい

「男性ふたりと3Pしたことがあります。非現実的なシチュエーションに盛り上がって、明け方までふたりを相手してました。どちらかがおさまったら、その様子を見ていたひとりが興奮してきてエッチをするというのは、体力がない私にはきつかったです」(Sさん・32歳女性/SE)

(3)あぶれたひとりに気を遣う

「必ずしもエッチに対するテクニックや温度が同じなわけじゃないじゃないですか。だから、あぶれた人がいると、その人にも気を遣います。ひとりの相手と自分が相性良すぎた場合は、もうひとりが邪魔な存在になるってこともけっこうあるんです。とはいえ、放置しておくのもかわいそうだし……」(Mさん・21歳女性/大学生)

 

5:よく考えて3Pしよう

3Pという、いつもと違ったシチュエーションに興奮することもあるでしょう。しかし、ワンナイトと同様、相手によっては最悪の思い出になってしまうこともありあります。

また、女性の場合は、妊娠などのリスクも視野に入れておかなければいけません。ノリで3Pするのだけは控えましょうね。