シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

30歳で婚約破棄、時間ができたので映画を撮ってみた。「二足のわらじ」監督に聞く

本業の他にやってみたいこともあるけれど、転職をするほどでもないし今から新しいことを始めるのはちょっと気が重い——。副業解禁の流れとはいえ、日常の生活のことを考えると仕事の掛け持ちはどうしても踏みとどまってしまうもの。

そんな中、人気ブランドのPRとして働きながら、映画監督としても活動する穐山茉由(あきやま・まゆ)さんの働き方が今注目されています。

穐山さんは、「好きなことをやろう」と思い立ち、30歳の時に映画学校の夜間・土日コースに入学。そして36歳になる今年、脚本・監督を務めた『月極オトコトモダチ』が全国公開されました。どうしてそんなに頑張れるのか、ウートピでは3回に渡って、穐山さんの人生や仕事観について聞きました。

”女の幸せ”が結婚なんて誰が決めたの?

——本職も忙しい中で、映画も撮るのはすごくパワーが必要だったと思います。そこまで頑張れたのは、映画制作が昔からの「叶えたい夢」だったのでしょうか?

穐山茉由さん(以下、穐山):いえ。映画は観るのが好きで、自分で撮るものだとは思っていませんでした。作りたいと思っていたのは洋服。ものづくりに憧れて新卒ではアパレル系のOEMメーカーに入社したのですが、すぐに転職してしまって。その後に就いたのが現在のPRの仕事です。デザイナーが作る世界観の魅力を伝える仕事をしているうちに、私も自分で何か世界を作ってみたいと思うようになって、行き着いたのが映画制作でした。

——インディーズで服を作るという選択肢もあったのでは?

穐山:そうですね。でも、服を自分で作るのはピンとこなかったんです。映画の前にも、写真や音楽に興味を持って少しずつかじっていたのですが、映画ならそれらを全部表現できるなと気づいて。それがすごく楽しそうだと思ったのが、20代後半の時でした。

とはいえ、映画研究会に入っていたわけでもなく、そもそもどうやって映画が作られているのかも知らなかったので、ネットで検索して、小規模なワークショップに参加してみたんです。その中でコンペがあって、監督という役割を与えられたのが最初の一歩でした。

——そこで楽しさに目覚めた?

穐山:楽しいかと言われると、どうだろう。こう撮るとこうなると知れたとか、作品が形になったことには満足したのですが、作りたい世界はあるのに、思うように行かないというジレンマもありました。技術も知識も足りないと思い知ったというか。やっぱりちゃんと勉強したいなって思った時に、私、婚約破棄したんですよ。

——婚約破棄! 

穐山:そのころは結婚願望も強かったし、自分が結婚することに何の疑いも持っていなかったんですよね。彼が地方に転勤することが決まっていたので、会社を辞めて彼についていく選択肢しかなくて。でも、いろんな日取りが決まるに連れて、どこか冷静に考え出しちゃって。私は東京で生まれ育ってきたし「キャリアもすべて捨てて彼についていくのはどうなんだろう?」って思ったんです。

——幸せより、不安が上回ったんですね。

穐山:話は進んでいたけれど、そのまま流されて後悔するのはイヤだったので、話し合って結局破談に。私から言い出したにしても、やっぱり精神的にしんどくて。生まれて初めて自分の頭で「結婚」について考えたんです。ずっと家族からの「娘に結婚して欲しい圧」とか、「30代になったら結婚するべき」という世間の目を疑わずに生きてきたけど、そもそもなんで結婚しなきゃいけないんだろう?って。

DSC_2216

婚約破棄後、人生を変えたTODOリスト

——「結婚」を疑ってから、考えが変わったんですね。

穐山:そうですね。出産についても「女性はいつか産むものだ」と思ってたけど、「別に子どもがいない人生があってもいいんだ!」ってやっと理解できて、解放された気分になったんです。

——気分が一新されて、まずやってみたことは?

穐山:結婚もやめるし、「今やりたいことを全部やろう」と思って、人生のTODOリストをつくりました。

——「TODOリスト」、書き出してみると、意外とやりたいことが浮かんでこないこともあります。穐山さんはすぐに書けましたか?

穐山:まず出てきたのが「映画を撮りたい」だったかな。ほかにも「バンドで歌いたい」とかもあって、それも実行してみたけど、やっぱり、仕事をしていると、「自分がやっている範囲内のこと」しか浮かばなくなってしまうことに気がつきました。完全に違う世界と繋がりたい! と考えると、やっぱり映画を撮りたいなと。

映画学校での出会い

——それで、ワークショップから本格的に夜間学校に通って映画を勉強するわけですね。

穐山:はい。考えて悩むよりも、まずは行動してみるタイプなんです。いざ入ってみると、自分が仕事をしている環境とは、コミュニケーションのとり方も、年齢層も違って、戸惑いました。

——周囲に入り込むために、努力はしましたか?

穐山:最初は難しかったですね。「本性を出していいのかな?」と構えてしまって、なかなか素の自分を出せなかったんです。でも、授業を通して、「映画は人と一緒につくるものだから、まずはコミュニケーションが大事」だと実感してからは、ひるまずにやっていこう、と。

それに、ある時会社員として役職やリーダーの経験がある人は、マネジメントができるから、映画作りに向いているんじゃないかな? と思って。本業でやってきた進行管理も活かせるし、自分の作りたいことの言語化もそうです。仕事と映画は切り離していたけど、実は一緒だなと。「私みたいな経歴だからこそ、人と違った映画が撮れるんじゃないかな」と思うようになってからはより真剣になりましたね。

第2回は6月23日(日)公開予定です。
(取材・文:小沢あや、撮影:大澤妹、編集:安次富陽子)

main_small

『月極オトコトモダチ』
出演:徳永えり 橋本淳
監督・脚本:穐山茉由
製作:「月極オトコトモダチ」製作委員会
配給:SPOTTED PRODUCTIONS|
(c)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開中!