シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

3週間で勝手にやせる!? 芸能人も足繁く通う【筋肉食堂】の大人気レシピ

「鶏むね肉」を使ったレシピ。書籍『筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方』(谷川 俊平著:世界文化社)より、劇的にカラダが変わる習慣をご紹介!

「鶏むね肉」は、最強の筋肉食材!

身にこたえる暑さが続く今日この頃。この季節になると毎年気になるのが、ぽっこりお腹やたぷたぷの二の腕。でも、せっせとジムに通ったり過酷な食事制限に耐えたりするのはハードルが高い……。そう感じている人も多いのではないでしょうか。

「カラダが劇的に変わる人と変わらない人の差は、トレーニングより食事。提案している食べ方を実践すれば、3日でおなかの凹みを実感し、3週間でカラダを劇的に変えることができます」

そう語るのは、モデルやアスリートが通う人気のお店「筋肉食堂」のオーナーで、前職はパーソナルトレーナーをしていたという谷川俊平さん

しかも、筋肉食堂のメニューは、驚くほど低カロリーにもかかわらず、男性でも充分満足できるほどボリュームたっぷりでおいしい

なかでも、筋肉食堂で提供される料理にもよく使われている「鶏むね肉」は、筋肉をつけるのに欠かせないタンパク質を多く含み、かつ脂肪は少ない食材

そこで今回は、筋肉食堂でも大人気の「鶏むね肉のステーキ」を家庭用にアレンジしたレシピを特別に紹介! 谷川さんが“世界一おいしい”と自負する一品です。

「鶏むね肉のステーキ」の作り方

■材料(1人分)

・鶏むね肉……1枚(約200g)
・塩・こしょう……各少々
・米油……小さじ1
・もやし……60g
・ブロッコリー……2房
・ヤングコーン……1本
・スプラウト……適宜

■作り方

【1】もやし、ブロッコリー、斜め半分に切ったヤングコーンは軽くゆで、水気を切る。

【2】鶏むね肉は皮を取り除き、塩・こしょうをふる。そのまま常温になるまで置いておく。

【3】直径20cmくらいのフライパンに【2】を入れ、水を1/3かぶるくらいまで加え、中火にかける。沸騰したら弱火にしてふたをし、5分ほど蒸す。火を止め、そのまま15分ほどおく。

【4】フライパンに米油をひいて強火で熱し、【3】の両面に焼き目をつける。

【5】器に【1】を盛り、【4】をのせる。あればスプラウトを添えてできあがり!

ぜひ、谷川さんが太鼓判を押す「鶏むね肉のステーキ」をご家庭で作ってみてくださいね!

このほかにも、書籍『筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方』では、カラダが劇的に変わる食べ方やレシピ、筋トレなどについて詳しく紹介されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

『筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方』

トップ画像/(c)Shutterstock.com