シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

3位通話、2位子ども放置…電車で「周囲をイラっとさせる」NG行動1位は?

通勤に電車を使っている方、今朝、他人に対してイラっとしませんでしたか!?

『BizLady』の過去記事「押しのけて座る奴のがマシ!“通勤電車で許せない人”超絶ワースト1位は」では、ただでさえユーウツな通勤電車で、「許せない!」と叫びたくる迷惑行為の特徴をご紹介しました。あなたも車内で見かけたことがありませんか?

また、電車は他人と密室に居合わせる空間ですから、「許せない!」まではいかなくとも、ついイラっとすることも多々あるのがホンネでは?

今回は、アイブリッジの調査結果をもとに、“電車内で周囲をイラっとさせるヤバい行動ワースト3”をお伝えしましょう。

あなたも、通勤や移動中の車内で被害に遭ってはいませんか!?

 

■ワースト3位:車内で通話

600名の男女に“電車でイラっとした、他人の言動”を聞いたところ、44.0%が「堂々と通話する」を選び、ワースト3位に。

車内での携帯電話での通話はマナー違反とされているにもかかわらず、平然と通話している人は、たまに見かけますよね。

疲れているときほど、こんなマナー違反の人物を見かけるとイラっときてしまいそう。

どんなに重要な電話であっても、次の駅で降りてかけ直す程度の気遣いが必要ですよね。

 

■ワースト2位:子どもを放置

続いて、50.8%が選びワースト2位になっている言動は、「子供が騒いでいるのに親が注意をしない」というもの。

通勤時には子連れのママは少ないものの、昼間の移動中車内でよく見かける光景かもしれません。

ママ友同士のおしゃべりに夢中になって、子どもへの注意ができていない親を見るたびに、「これだからお気楽専業主婦は……」と、内心で毒づいている働き女子もいるのでは?

 

■ワースト1位:大声で話す

そして、50.8%が選びワースト1位に選ばれたヤバい言動は、「大声で話をする・騒ぐ」でした。

終電も間近な車内で、同僚と一緒に乗り込んできたビジネスパーソン同士が大声で車内の噂話や愚痴を話している光景にウンザリした経験はありませんか?

アルコールが入ると、つい声が大きくなったり周囲への気遣いがおろそかになりがちです。

でも、本人たちはほろ酔いで楽しくても、残業帰りの周囲の人たちはイライラが止まらないかもしれませんね!

 

以上、“電車内で周囲をイラっとさせるヤバい行動ワースト3”をご紹介しましたが、いかがですか?

「人のふり見て我がふり直せ」とはよく言ったもので、自分がイラっとさせられた言動は、自分自身も無意識にやっていないか、くれぐれも注意したいですよね。

あなたも、他人の迷惑行為にイラっとさせられたことがありませんか? 明日からでもぜひ、皆が心地よい空間にしたいものですね。

 

あわせて読みたい