シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

3位下半身、2位あごよりもNG!「太っていると嫌なパーツ」1位

肌をさらす夏が終わって、食欲の秋になり、バクバクおいしいものを食べていませんか? 冬に備えて、たっぷりと体脂肪を増やして、寒さに耐える準備をしなきゃっ!なんて思っているかもしれませんが……。

体脂肪も人によって、どこに蓄積されていくかって違いますよね。増えるときは余計なところにつくし、減らそうと思うと大事なところから減っていく……。

『Menjoy!』が男性503人に「女性のパーツで太っていると嫌なところはどこですか?」とアンケート調査をしました(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノートマガジン』)。さっそく結果をご紹介いたします。

 

■3位:下半身・・・15%

「スタイルが悪く見える」

「スカートをはくと目立つから」

3位は15%の男性が選択した「下半身」。下半身、特に脚が太い女性を「生理的にうけつけない」という意見が多く見られました。

「ゾウ脚」と呼ばれてしまうほど、国際的にも有名な日本人の太い脚……。同じ日本人の男性にもあまりウケがよくないようですので、ストレッチや運動で屈筋・伸筋ともに活性化させて、美しい形を手に入れたいもの。

たとえばビヨンセの脚は太いですが、筋肉が正しくつくことで、美しいフォルムが形成されており、男性にも人気がありますよね。

 

■2位:あご・・・22%

「顔は一番目立つ」

「パッと目のいくところだから」

2位は22%の男性に選ばれた「あご」。とにかく目立つ場所だからという声が多数でした。しかし、同じ顔のパーツでも、「まぶた」は4%しか選ばれていなかったので、単純に目立つということが原因ではない気もします。

その答えは、回答した男性の「デブの証明的な部位なので」「二重あごは太っている証拠だから」といった意見に集約されているかもしれません。“二重あご=デブ”というのが男性の抱く強いイメージのようですね。

 

■1位:腹・・・44%

「三段腹はちょっと萎える」

「女性としての魅力がなくなります」

堂々の1位に選ばれたのは「腹」で44%! およそ半数の男性がぽっちゃり腹にNO!をつきつけたという結果となりました。

“お腹が太い”ところが見られるというのは、やはり特別にパーソナルなシチュエーションだからなのか、「やる気がうせる」「萎える」といった声が多数でした。

そういった特別なシチュエーションではなく、普段から“腹”の太さが目立っているとしたら……それはやはり太すぎかもしれませんね。

 

ちなみに同時に聞いた「太っているとむしろいいパーツは?」という質問では、圧倒的に「おっぱい」が1位でした。おっぱいは太っているというか……、まあやはり大きいほうがいいのでしょうね。腹は細く、胸は大きくだなんて、本当、男性って贅沢です。

 

【画像】

Kuznetsov_Dmitry / Shutterstock