シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

3位は洗剤…1位は?「引っ越しで仲良くなるアイテム」ベスト3

新年度、進学や就職、転職で新しく部屋探しをしているというひとは少なくないでしょう。

別に、仕事は変わらないんだけど、気分転換のために、新しく部屋探しをしているというひともいるのでは。

引っ越しによって、生活環境が変わるというのは女性のみなさんなら不安ですよね。ゴミの出し方一つ、わからないところから新しい生活がはじまります。

そんなときに、となりに住むひとが助けてくれると心強いですよね。もしかしたら、ドラマみたいにそこから新しい出会いがはじまるかもしれません。

そこで今回は、引っ越しでとなりに住むひとと仲良くなる方法を紹介したいとおもいます。

 

■引っ越しの基本は挨拶

ところで、引っ越しをしたときに、となりに住むひとに挨拶はしていますか。

RJCリサーチの調査によれば、若いひとのあいだでは、引っ越し先への挨拶を必要と考えていない割合が高いことがわかっています。

性別と年代別をみると、挨拶をしないひとの割合は、35歳から59歳の中高年層では男性が32.3%、女性が22.2%。

ですが、20歳から34歳の若年層の場合は男性で63.5%、女性で44.3%という結果に。

となりにどんなひとが住んでいるのかは気になるところ。引っ越し初日をチャンスに挨拶に行けば、困ったときに助けてもらえたり、仲良くなれたりというのも簡単になります。

 

■手ぶらで挨拶はダメ

では、どうやって挨拶に行くのか。けっして、手ぶらで行ってはいけません。

挨拶品として、なにか持って行くようにしましょう。調査によれば、挨拶品としてよく持って行かれるもの第1位はタオル、第2位はお菓子でした。

この2つが、全体のおよそ75%を占めるという結果。平均価格も750円と、手頃な値段で買えること、簡単に持って行けることが決め手のようです。

ちなみに、第3位は洗剤、ほかにもラップ、石鹸などが持って行かれるようです。

 

いかがですか。ひとこと、「となりに引っ越してきました○○です。これからよろしくお願いします」の挨拶で、人間関係がスタートできます。

ぜひ、引っ越しの挨拶は忘れないようにしてくださいね。

 

【姉妹サイト】

※ 引っ越しに関する調査 – RJCリサーチ