シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2020年東京オリンピックのエンブレム問題から学ぶ「上手な謝罪」とは?

最近の世間を騒がす話題といえば、2020年東京オリンピックに関するもの。

新しい国立競技場をどうしようだとか、エンブレムが別のデザインとそっくりだとか。

じつは、この2020年東京オリンピックに関するニュースから、私たちは恋愛にも共通することを学ぶことができるんです。

それは、ズバリ浮気がばれたときの謝罪方法。

彼氏がいるのに、ちょっとかっこいい男性から食事に誘われて、一緒に出かけることもあるでしょう。

女友達と出かけるといったのに、後からそれが別の男性と出かけていたって彼氏にわかると、ちょっとした修羅場になりますよね。

そんなシチュエーションで修羅場にならず、彼氏との関係を良好にさせる方法を、2020年東京オリンピックに関するニュースを反面教師に学ぶことができるんです。

いったい、それはどういうことか。詳しく、紹介したいとおもいます。

 

■2020年東京オリンピックに関するニュースの問題点

2020年東京オリンピックに関するニュースのなかでも注目すべきは、エンブレムに関するもの。

何度か、記者会見がおこなわれ、ニュース映像でみたことがあるひとは多いでしょう。

そして、多くのひとが感じたはず。

なんだか、言い訳っぽいなと。

おこなわれた記者会見は事情を説明する場で、謝罪の会見ではなかったのですが、なにか問題がおこって誰かに説明するとき、相手が“言い訳”に聞こえてしまうような説明の仕方は避けなければいけません。

もちろんそれが、謝罪の場であればなおのこと。

せっかく謝ったのに、言い訳をしてしまうと、謝罪自体が意味をもたなくなってしまうんです。

 

■浮気がばれたときには

それは、浮気がばれたときも同じです。ばれた側は、自分が不利な立場にいるため、できるだけそこから逃れようと、自分の都合がいいように“言い訳”してしまいますよね。

ときには、その場しのぎで嘘をついてしまったり。

それではダメなんです。

もちろん、「あなたが私のことをかまってくれないから」というような、逆ギレもダメです。

大事なのは、事情を客観的に説明すること。

そうすることで、お互いに状況を理解し、冷静に話し合うことができるんです。

 

いかがですか。浮気が彼にばれたときには、ちゃんと説明し、冷静に話し合いましょう。

そして、言葉だけではなく態度でもわかるように、謝罪の気持ちを相手に伝えましょうね。

そうすることで、浮気という危機を利用して、彼との関係をより良いものにすることができるんです。

 

【画像】

xiangtao/PIXTA(ピクスタ)