シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2020年手帳と一緒に新調♡【ほぼ日手帳カバー】働く女性におすすめ5選

「ほぼ日手帳 2020」より、2019年9月1日(日)以降、続々と発売される新しい手帳カバー。今回、メディア向けに開催された「ほぼ日展示会」に参加し、一足早く新作をチェックしてきました。その中から、働く女性におすすめの手帳カバーをご紹介。

【ほぼ日手帳 2020】「マステ」モチーフの新作カバーや、人気の「ミナ ペルホネン」も♡

◆Washi Tapeのトップブランド「mt」とつくった手帳カバー

世界20カ国以上で愛されるマスキングテープ(Washi Tape)のトップブランド「mt」と一緒に、マスキングテープの魅力を形にした手帳カバー。

カズンの「red×yellow mix」は、赤や黄色のマスキングテープを大胆に貼ったような明るいデザイン。本当にマステのよう♡ マステ好き女子にはたまりません!

mt / red×yellow mix

【商品概要】
サイズ:ほぼ日手帳 カズンサイズ(A5)
価格:9,000円~※手帳本体+カバーのセット価格
発売日:2019年10月1日(火)

◆2020年、東京をモチーフにした手帳

世界からの注目を集める2020年。オリジナル、weeksの「2020」は、グラフィックデザイン界の巨匠、仲條正義さんが「2020年」をモチーフにデザインしたもの。

マットなシルバーに、シルクプリントで施された白・水色・ピンクのコントラストが映える、美しいカバー。シンプルでありながら上品さもあります。2020年の記念に持っておくのも良いかも。

仲條正義/2020

【商品概要】
サイズ:ほぼ日手帳 オリジナルサイズ(A6)
価格:4400円~※手帳本体+カバーのセット価格
発売日:2019年9月1日(日)

◆ミナ ペルホネンのテキスタイルを用いた手帳カバー

刺繍や染め、織りといったさまざまな技法で生地を作り、長く大切に着られる服づくりをするブランド「ミナ ペルホネン」の手帳カバー。

memoria」は、デザイナーの皆川明さんが手作りした蝶モチーフのスタンプを押して生まれた生地。プリントで忠実に再現された、スタンプの擦れやムラによって、温かみを感じられる仕上がりとなっています。

ミナ ペルホネン/memoria

【商品概要】
サイズ:ほぼ日手帳 オリジナルサイズ(A6)
価格:8,000円~※手帳本体+カバーのセット価格
発売日:2019年9月1日(日)

◆日本製の高品質な生地を使った「マキノコレクション」シリーズ

国内外の高級メゾンやトップスポーツブランドのリクエストに応え、高い技術で生み出された日本製の生地を提案している牧野隆司さんの名を冠したシリーズ。

オリジナルサイズ(A6)の手帳カバー「机上の庭」は、置くだけで机に小さな庭が広がるような、かわいらしく立体感のある生地。どこかにしまわず、あえて机の上に出しておきたい手帳!

マキノコレクション/机上の庭

【商品概要】
サイズ:ほぼ日手帳 オリジナルサイズ(A6)
価格:10,000円~※手帳本体+カバーのセット価格
発売日:2019年9月1日(日)

◆シュタイフ社とコラボレーション「トリニティ」

ドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ」と3年目のコラボレーション。オリジナル「チョコレート・テディ(トリニティ仕様)」は、チョコレートブラウンの巻き毛がかわいらしいテディベアみたいなカバー。

展示会にて実際に触ってみると、ふわふわ~。そして、しおりのチャームについている3びきのクマが愛らしい♡ 開く度にかわいいクマに癒されること間違いなし。

Steiff/チョコレート・テディ(トリニティ仕様)

【商品概要】
サイズ:ほぼ日手帳 オリジナルサイズ(A6)
価格:16,000円~※手帳本体+カバーのセット価格
発売日:2019年11月1日(金)

発売が待ち遠しい~! まだまだ時間がたっぷりあるため、じっくり悩みながらとっておきの手帳カバーを選んで♪

ちなみに、筆者は「ミナ ペルホネン」の手帳カバーがお気に入り。絶妙なスタンプの擦れやムラ具合に一目惚れ♡ 手帳を開くのが楽しくて、今以上に手帳を活用してしまいそうな予感…!

文/伊藤愛沙美

※価格は税抜き表示