シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2019年こそ自分史上最高の自分になる! 自分力アップへのコツ

もう2018年も残すところ、あと数か月。今年もあっという間に終わってしまったなぁ……と思っていませんか? 来年こそは「もっとこうしたい」「こうなりたい」と思うあなたに、女子力ならぬ、自分力アップのコツをシェアいたします。

自分力アップとは?

自分力アップとは、男ウケを意識せずにあくまでも「自分にフォーカスした自分」を磨くこととしています。世の中は男ウケが全てのように見えますが、誰かに褒められるための自分磨きではなく、自分自身のための自分磨きのことを指しています。

ゴールを設定しビジョンボードを作る

まずは、ゴール設定から始めましょう。年末から来年にかけて、「こういうことをしたい!」「こんな自分になりたい!」と思うことがあれば、それに関するゴールを設定し、かつイメージ画があればそれをボードなどに貼り付けてビジョンボードを作り、目につくところに貼っておきましょう。もしくは携帯の待ち受けにするのもいいかもしれません。
毎日、自分のゴールを目にすることによって、意識が向くはずです! また、「人生でやってみたい100のことリスト」を作り、その中で何個自分のやりたいことが達成できるかを試してみるのも面白いかもしれません。

理想の自分に近づくためリサーチ

そして自分の理想に近づけるように、どうやったら目標達成できるか調べてみましょう。ダイエットを達成したければ、食べるものや運動の頻度、メニューなどを調べてみるところから始めます。行ってみたい国があれば、いくらくらいかかるのか・いつ頃行けそうか・現地で何をしたいかなどを具体的に調べてみましょう。
他にも、こういうお顔や雰囲気になりたいから、こういうメイクやファッションに挑戦してみたいなど、思うだけでなく、どうやったら叶うのかを実際に調べてみると、「意外と本当にできるかも」という気持ちになるはず。

目標達成のために行動に移そう

リサーチしてみると、意外とすぐに達成できそうなことと、ちょっと時間がかかりそうなリストがあるかもしれません。
例えば行ってみたかったレストランに行くなど、まずは簡単に叶うことから始めてみると、モチベーションの維持に繋がるかもしれません。長期的に時間がかかりそうな目標も、日々の努力を積み重ねて目標達成に繋げてみましょう!

まとめ

みなさんの来年の目標は何ですか? 筆者は食べることが好きなので、美味しいものを食べながらも太らない方法は何かなと模索したところ夫とランニングを始め、来年は人生初のハーフマラソンに挑戦するところです。
いつかフルマラソンも完走できることを夢見ながら毎週末は必ず走るようにしています。来年こそなりたい自分へ近づきましょう!