シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

20代が気になる1位は「太もも」!足太さんの水着の選び方

夏といえば水着! 今年の夏は水着になるぞ、とダイエットに励んできた人も多いのではないでしょうか。ダイエットに成功した人も、まだ継続中の人も、今年海やプールでどんな水着を着るか悩みどころ。みんなが一番気にしている「太もも」のコンプレックスをカバーする水着は「フリル付き」「紐パン型」「パレオの巻き方」「サンダル」がポイントです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■体型コンプレックス第1位は「太もも」

株式会社VASILYが10~50代の女性に行った調査によると、体型にコンプレックスがあると答えた93.5%のうち、一番気になるのは「太もも」で、次いで「ウエスト」「ヒップ」の順でした。年代別では20代は太もも、30代はウエストがトップで、意外なことにバストは4位。パットでカバーできるバストより、簡単には隠せない部位が上位にきているようですね。

■足のコンプレックスをカバーする水着選びのコツ

・フリル付き台形スカート

太ももの一番太いところを隠してくれるので細く見えます。ショートパンツ型は足にフィットして太さが目立つのでNG。

・紐パン型

両サイドにフリルやリボンが付いていると太ももを細く見せてくれる効果が。お尻の大きさが気になる人も、目線が散ってお薦めです。

・ロングパレオ

隠したい人はロングパレオ付き。パレオを使って斜めのラインを作ることで、目線が縦に流れて足長効果が。一番細いふくろはぎや足首は出すのがポイントです。長過ぎると野暮ったくなるので気をつけて。

・サンダルはペタンコNG

少しでも縦のラインを長くして足の太さをカバーするなら、やっぱりペタンコはNG。履きやすいですが、体型カバーを考えればヒールがマストです。ビーチでも歩きやすいようにウェッジソールやヒール高のあるビーチサンダルを選ぶべし。

 優しいパステルカラーより濃くはっきりした色の方が細く見せてくれ、小さな柄より大きな柄のほうが太さをカモフラージュしてくれます。また、アンダーショーツは衛生面のほか、お尻の食い込み防止にもなり、着用した方が恥ずかしい思いをしなくて済みそうです。ダイエットが間に合わなかった人も、水着選びで体型をカバーして夏を楽しんでくださいね。

(坂本雅代)

【参考】

水着に関するアンケート調査-株式会社VASILY
水着Q&A-三愛水着楽園公式オンラインショップ
太い足が悩み!どんな水着を着ればいい?-DressCode