シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2位ボディタッチより! 男性が「ズキュンとくる」同僚女性の行動1位は

普段意識していなかった同僚の何気ない行動に、思わずハートが“ズキュン”として、ある日を境に気になりだしてしまったこと……あなたにはありませんか?

では、男性社員はどんな瞬間に同僚女性にときめくのでしょうか?

今回は、『BizLady』が独身男性500人に聞いた「同僚女性の何気ない行動にズキュンと来る瞬間とはどんなときですか?」という質問の回答をランキング形式でお伝えします!

5位:スカートから形の良い脚が見えたとき(16.0%)

独身男性が思わずズキュンとくる瞬間5位は「スカートから形の良い脚が見えたとき」。

冬はパンツスタイルやタイツが多いけれど、春夏には軽やかにスカートを履きたくなるという人も多いでしょう。そんな女性のスカートの下からスラリと伸びる脚を見て、ドキリとする男性も多いようです!

ガリガリの細い脚よりも、「適度に筋肉の付いた締まりのある脚が好き」という男性も多いでしょう。これから来る本格的な夏を前に、脚を引き締めるエクササイズをしたり、脚の形がきれいに見えるスカートのデザインや丈を研究してもいいかもしれませんね。

4位:優しい言葉をかけられたとき(16.6%)

仕事に失敗して落ち込んでいるときや、反対に成功を収めたときなどに、女性社員から優しい言葉をかけられると嬉しくなる男性は多いようです。

「プロジェクトに成功して、同僚女性に“おめでとう、すごいじゃない!”と声をかけられてキュンとした」、「失敗して落ち込んでいるとき、先輩から慰めてもらって見る目が変わった」という声も。

気になる同僚がいたら、機会をみて優しい言葉をかけてみてはいかがでしょうか?

3位:肌や下着がうっすら透けて見えたとき(17.0%)

そして3位は、薄着になる季節によく起こりがちな「肌や下着がうっすら透けて見えたとき」。春夏らしい薄いブラウスを着ていると、肌や下着がうっすらと見えることも。最近では、シースルーやレースなど透け感のある素材の服も多いですよね。

見て見ぬふりをしつつ、男性の心はときめいているようです! 「ちょっと透けた感じのブラウスの下に、腕がうっすら見えるとたまらない」、「ブラウスの下にブラの肩ひもが見えた瞬間ドキッとする」という声も。

ここでのポイントは“腕”と“肩”。すらりとした形のいい二の腕と肩の線を目指すために、普段からダンベルなどで鍛えておくといいかも!?

2位:さりげなくボディタッチされたとき(17.2%)

「“おはよう”と言いながら同僚に肩をポンと叩かれたとき、不意を突かれてドキッとしてしまった」、「PCの操作を教えているとき、後ろから覗き込んだ同僚が肩に手を置いてきてキュンときた」など、2位には「さりげなくボディタッチされたとき」がランクイン。

ここで大事なのはベタベタすることではなく、“さりげなさ”と“意外性”のよう。

気になる同僚を狙ってわざとらしく触ると“セクハラ”扱いされる場合もあるかもしれないので、あくまで性的なニュアンスにならないように注意しましょう。

1位:爽やかな笑顔を見せたとき(28.4%)

独身男性が同僚女性にズキュンとくる瞬間1位は「爽やかな笑顔を見せたとき」でした!

やはり、男性は女性の笑顔、それも期待していなかった瞬間に見た何気ないスマイルにハートを射抜かれてしまうようです!

「普段は真剣な顔で仕事をしている女性がふと笑顔になると、素敵だなと思う」、「朝、笑顔で明るい挨拶をされるとドキッとしてしまう」という男性も。

ここでのポイントも、男性に向かってやたらニコニコするわけではない、ということ。“ズキュン”とさせるためには、やはり意外性や不意の瞬間であることが重要なようです。

以上、“独身男性がズキュンとくる同僚女性の何気ない行動ランキング”でしたが、いかがですか?

会社で「あの人、素敵だな~」と思う独身男性がいたら、今回ランクインしたような方法でさりげなくアプローチしてもいいかもしれません。でもわざとらしくなって「俺のこと狙ってるな……」などと思われないよう、ご注意くださいね!