シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2位は唐揚げ!1位は…男が妻に「極めて欲しい手料理」トップ3

2位は唐揚げ!1位は…男が妻に「極めて欲しい手料理」トップ3

たとえ料理が苦手でも、好きなひとができたら料理をつくってあげたいとおもうのが女心ですよね。まして、結婚すれば、家事は分担とはいえ、女性のほうが料理をつくる機会が多いのではないでしょうか。

一口に料理といっても育ってきた環境が違うため、味付けだって悩みますよね。はたして男性は、どんな料理が好きなのでしょうか。

そこで今回は、ヤマキが、25~34歳までの既婚男性500人を対象におこなった「妻の手料理に関する意識調査」から、男性の“妻の手料理観”をご紹介します。

 

■手料理をほめた事

男性たちは、妻の料理をどうおもっているのでしょうか。

調査によれば、妻の手料理を過去1年以内にほめたことがあるという男性は、じつに89.2%。男性は、ほめることで感謝の気持ちをきちんと伝えているようです。

ではほめるタイミングはというと、いつも通りの定番メニューがいつもよりおいしいと感じたときが54.7%と第1位でした。

その一方で、彩りよく盛り付けられたきれいな料理が出てきたときにほめるという男性は最も少なく、18.4%。どうやら男性は、見た目よりも味へのこだわりが強いようです。

 

■極めて欲しい料理

では、男性が妻に極めて欲しいとおもっている家庭料理のメニューはいったいなんだとおもいますか。

第1位は肉じゃが(44.4%)、第2位は唐揚げ(37.4%)、第3位はお味噌汁(36.6%)という結果でした。家庭料理の定番である肉じゃがや、お袋の味的なお味噌汁が上位という結果に。肉じゃがをうまく作れる女性は、今も昔も男性にモテるのかもしれませんね。

 

■手料理に期待すること

夫が手料理に対して期待していることは、なんでしょうか。

定番の家庭料理を美味しく作ってほしい(56.2%)が多数を占めました。そして、お金をかけずに美味しいものを作ってほしい(48.4%)や、時間も手間も程々にして、妻自身にも負担がかからないよう賢く作ってほしい(48.0%)との声もきかれました。

 

いかがですか。手の込んだオシャレな料理よりも、いわゆる定番の家庭料理が男性の心も胃袋もつかむようです。

 

【参考】

※ 妻の手料理に関する意識調査 – ヤマキ