シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2位の料理より! 夫が「妻と入れ替わってもしたくないこと」1位の家事は…

女として生まれてきたけれど、男だったらどんな人生だったんだろう? 妻じゃなくて夫になってみたいな……そんな妄想をすることもありますよね。もし女だったら男だったら、ああしたいこうしたい、いろいろな思いがあるでしょう。

そこで今回は、サンケイリビング新聞社が既婚男女637名を対象に行った「主婦休みの日 妄想アンケート」の結果をご紹介。“もし夫と妻が入れ替わったら”を妄想してもらうこのアンケート、自分だったらどうなのか、ぜひ妄想しながらご覧ください。

大変なのが分かるから? 半数以上が「入れ替わりたくない」と回答

「もし夫・妻と入れ替わることができるとしたら入れ替わりたい?」と質問したところ、「いいえ」と答えた人は、妻が56.3%、夫が57.8%という結果になり、半数以上の人が「入れ替わりたくない」と思っていることが分かりました。

その理由を聞くと、

「1日中仕事はしたくない。責任が重い」 (60代女性・東京都)

「あっという間に家がぐちゃぐちゃになりそう」 (30代女性・兵庫県)

「家事は無理。どこに何があるのかわからない」 (40代男性・埼玉県)

「仕事に追われたほうが気が楽 」(30代男性・東京都)

と、お互いの仕事や家事が大変だからやりたくない、できないという声が挙がっていました。

では、「入れ替わりたい」と答えた人の理由はどうでしょうか。

「何もせずにゴロゴロしてみたい 」(40代女性・大阪府)

「家事は女がやるもんだという夫に、すべての家事をやらせたい 」(30代女性・愛知県)

「子どもと濃密な時間を過ごしたい」 (20代男性・東京都)

「妻の立場を経験することで、より相手を思いやれる気がする」 (30代男性・神奈川県)

自分の仕事を経験して欲しい、相手を見て羨ましいと思っていることを経験したい、関係をより良くするために相手の役割を尊敬し理解したい、という意見が見られました。

家事と仕事の両立は可能? 夫のほうが自信家の傾向アリ

そこで、妻と夫全員に「入れ替わったとしたら、相手がやっていることをできる?」と質問。すると、夫の仕事を「できる」と回答した妻は33%なのに対し、妻がいつもしている家事を「できる」と回答した夫は46%と、10%以上も開きがある結果に。

また、仕事を持つ妻に対し「夫は家事をしながら妻の仕事をできそう?」、仕事を持つ妻がいる夫に対し「自分は家事をしながら妻の仕事をできそう?」と聞いたところ、妻の62%が「できなさそう」と回答したのに対し、夫の54%が「できる」と回答。

男女で認識に差があり、どうやら夫のほうが自分に自信があるようですね。筆者も夫の仕事をやれと言われたら……と妄想すると、やれる自信は到底ありません。

夫と妻の“入れ替わってしてみたいこと”“したくないこと”TOP3

では、夫と妻でお互いに入れ替わったとして、「してみたいこと」と「してみたくないこと」は何でしょうか?

【入れ替わってしてみたいこと】

・妻

3位・・・夫の仕事をする(28.4%)

2位・・・家でゴロゴロする(30.1%)

1位・・・夫の職場で過ごす(36.4%)

・夫

3位・・・料理(28.4%)

2位・・・子どもと過ごす(37.6%)

1位・・・家で過ごす(40.4%)

【入れ替わってしてみたくないこと】

・妻

3位・・・残業(31.3%)

2位・・・通勤(33.0%)

1位・・・夫の仕事をする(37.9%)

・夫

3位・・・洗濯(26.6%)

2位・・・料理(30.3%)

1位・・・掃除(33.9%)

どうやら夫は、全体的に家事をやりたくないと考えている人が多いようです。

妻は、夫の仕事をしてみたい、職場で過ごしてみたいという人がいる一方、「夫の仕事をしたくない」人も約4割になり、意見が分かれる結果になりました。

以上、妄想アンケート“もし夫と妻が入れ替わったらどうなるか”の結果でしたが、いかがでしょうか?

自分の仕事や家事、育児などでいっぱいいっぱいになりがちな毎日ですが、ときには「相手の立場になったらどうだろう」と妄想してみると、お互いにより理解し合えるかもしれません。

いずれにしても、夫婦それぞれが協力するべき結婚生活。「自分ばっかり忙しい」などと不満がある人は、一度夫婦で話し合って生活を見直してみてもいいかもしれませんね!

【参考】

※ 主婦休みの日 妄想アンケート – サンケイリビング新聞社