シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

2か月待ちでも食べたい!【ケンズカフェ】最高峰ガトーショコラがリニューアル!?

ガトーショコラ専門店の先駆け的存在、ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」がリニューアル! 更に美味しくなったガトーショコラをさっそく実食レポします♪

2か月待ちの「特撰ガトーショコラ」がさらに特別な味わいに♡

自分へのご褒美や贈り物としてもオススメな、ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」がリニューアルし、さらに美味しくなりました!

今回、改良されたポイントなどを交え、ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」についてご紹介します。

もともとレストランとして営業されていた「ケンズカフェ東京」ですが、ディナーのコース料理で出されていたガトーショコラが評判を呼び、2008年にガトーショコラ1本の専門店としてスタート。ガトーショコラ専門店の先駆け的存在としても知られています。

▲「ケンズカフェ東京」オーナーシェフ 氏家健治氏

ケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」は、店頭で毎日注文分のみを手作りで焼き上げているため、現在は注文から2か月待ちだそう。

長年に渡り愛されている「特撰ガトーショコラ」ですが、“コク・甘み・苦味”にこだわり、さらに美味しさを追求し改良された新しい「特撰ガトーショコラ」には、元々使用されていたフランス・ヴァローナ社製のクーベルチュールチョコレートに加えて、新たにイタリア・ドモーリ社製のものをブレンド

新たに使用されるドモーリ社のクーベルチュール「KEN’S」には、希少性の高いカカオ豆の品種「クリオロ種」が使用されています。

いずれも「ケンズカフェ東京」のためにオリジナルで調合されたもので、味わえるのは「ケンズカフェ東京」だけ! 何とも贅沢!

チョコレートだけでなく、使われている材料はシンプルかつ特撰素材です。ガトーショコラの風味を際立たせる影の主役、バターはカルピス社の「カルピスバター」を使用。卵は「昔の味たまご農場の卵」を使用しています。

小麦粉・生クリームを一切使用していないため、グルテンフリーのスイーツでもあり、チョコレート本来の美味しさをシンプルに楽しめるガトーショコラです。

味わいもフルーティな酸味と華やかな香り、深いコクと旨味が口の中に広がり、チョコレート本来のフレーバーが楽しめ、食べ終わった後も、その余韻を長く感じていられるのがスゴイ!

「特撰ガトーショコラ」は、温度状態によって変わる様々な食感と口どけが味わえるというのもポイント。

冷やした状態で薄くスライスして食べると、生チョコを食べているような味わいで、口の中でゆっくり溶けていく時にカカオの風味が鼻に抜けます。

常温で食べると、冷やした時よりもカカオの風味がダイレクトに楽しめ、口の中に入れた瞬間カカオの風味が広がります。

▲左より 冷やした状態、常温、温めたもの

私が一番楽しみな食べ方が、温めて食べること。レンジで15秒ほどチンすると、濃厚フォンダンショコラの出来上がり! 表面サックリ、中はツヤツヤトロトロ!

この、トロトロっとしたところが最高に美味しいんです! 濃厚なガトーショコラなのに口当たりが軽くフルーティーな味わいなので、フォンダンショコラにするとトロトロになっていることもあって、『もうひと切れ食べよう・・・』ってやっていると、いつの間にか半分以上食べちゃってるっていう・・・。キケンです(笑)

みなさんも是非3通りの食べ方を楽しんでみて下さい! また、これからの季節はアイスクリームを添えて楽しむのもいいですね。

新しくなった「特撰ガトーショコラ」は、6月17日(月)より発売されます。是非召し上がってみて下さいね!

◆特撰ガトーショコラ
発売日:2019年6月17日(月)
価格:3,000円(税込)
内容量:1本280g
賞味期限:常温(18℃以下)で3日間、冷蔵(10℃以下)で2週間
販売店舗:本店「ケンズカフェ東京」、松屋銀座「銘家一品」、東武百貨店池袋店「全国銘菓撰」
※各店とも数量限定。

ケンズカフェ東京(KEN’S CAFE TOKYO)
住所:東京都新宿区新宿1-23-3 御苑コーポビアネーズ1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日