シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【化粧スゴイ】一重の平安顔女子がアイプチ・カラコンなしで「でか目」&「小顔」にするメイク術がすごいんです


漫画『テルマエ・ロマエ』では「平たい顔族」なんて例えられていましたが、彫りが浅く一重まぶた率が高いのが、アジア圏の顔の特徴。そんな顔立ちを変えたいと思う女子も多いようで、雑誌やネットでは、彫りを深く見せる「ハーフ顔メイク」や目を大きく見せる「目頭切開メイク」なんかが大人気ですよね!

本日ご紹介するのは、韓国のユーチューバー「lamuqe(ラミュク)」さんによる動画「ラミュク整形外科」

……と聞くと美容整形をおこなうのかと思ってしまう人もいるのでは? 実際はメイクアップアーティストであるラミュクさんが、彼女のもとにおとずれた女の子をメイクの力だけで整形手術並みに劇的に変身させるというものなんです★

今回モデルとなるのは、一重の小さな目と低い鼻がコンプレックスといういわゆる「平安顔」タイプの女の子。ラブリーなイメージの犬顔アイドルメイクに挑戦しますが、ラミュクさんのメイクテクは私たちにも参考になるポイントがいっぱい!

【一重の小さな目と、低い鼻筋をどうにかしたい!】

メイクを始める前に、「どっちの目のほうが好き?」「どんなメイクに憧れてて、どんなメイクは嫌?」と時間をかけてお悩みをしっかりヒアリングするラミュクさん。

今回のゲスト・キム・チョヨンさん(23歳)のお悩みは、非対称な目尻に、短くて小さい一重の目、低い鼻筋、頬の赤み。元の素朴な顔立ちもじゅうぶん可愛らしいけど、本人的にはメイクでこうしたコンプレックスを解消したいそう。

まず目についてですが、「一重の場合、まぶたがまつ毛の根本に覆いかぶさって、目がさらに小さく見えがち」とラミュクさん。そこで、まつ毛の向きが一定になるよう、ビューラーでいろんな角度からカールして目を大きく見せていきます。

【目頭切開風に見せるアイメイクテクも】

非対称な目については、小さいほうの目の目頭と目尻により濃くアイシャドウを塗って、補正する形に。アンバランスな目もとも、アイラインやアイシャドウの塗り方次第で左右対称に錯覚させて見せることが可能なんですね。

また、下まぶたはコンシーラーペンシルで目の粘膜のキワをぬりつぶして白目を拡張して見せ、その下にブラウンシャドウを細く入れて、目下切開と目尻切開の効果を生み出すなんてテクも。

アイプチやカラコンなど一切使わずにここまで目を大きく見せられるって、ほんとすごい……!

【鼻筋くっきりはシェーディングで】

続いて、鼻。鼻筋をはっきりと見せるには、眉間の下に斜めの影を作ること。動画を見ていると、ブラシで「え、そんなに!?」ってほどかなり濃くシェーディングを入れているのですが、前から見ると、その効果は一目瞭然!

Beforeに比べて整形したかのように鼻がすっと高く見えるーーー!!

【明日から試してみたくなる!】

ほかにも頬のシェーディングやチークの入れ方、つけまつ毛のつけ方などためになるハウツーが満載。「犬顔アイドルメイク」のように愛らしく優しい雰囲気のメイクは日本でも人気なので、真似したくなる方も多いのでは?

BeforeとAfterを見比べるとまさに整形級の変貌ぶりな、ラミュクさんによるメイク動画。使用アイテムについてもブランド名や商品名など詳しく出ていますので、同じようなお悩みを持つ方は試してみてはいかが?

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch