シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

100年後の「かまぼこ」はこうなる!「かまぼこ生誕900年を祝ってる場合じゃない」と気づいた全国かまぼこ連合の100年計画に戦慄

kamaboko1

突然ですが、今年はかまぼこが誕生して900年目って、皆さんご存じでした? かまぼこが初めて文献に登場したのが今からちょうど900年前の平安時代、1115年(永久3年)7月21日なのだとか。

かまぼこ生誕900周年! おめでたいですねぇ!!

……と思ったら。現在、かまぼこの消費は減衰の一途をたどってる。そこで全国かまぼこ連合(全かま連)は気づいたのです、「900周年を祝ってる場合じゃない」! こうしてかまぼこ1000周年に向けてスタートした100年計画が、かまぼこ900周年プロジェクト「KAMABOKO ROAD TO 1000」です。

【サイト「KAMABOKO ROAD TO 1000」を公開】

まずは全国のかまぼこ屋800店舗に対してアンケートを実施。「100年後こうなっていたい」という目標を集め、かまぼこの機能価値を訴求するサイト「KAMABOKO ROAD TO 1000」を立ち上げ公開。このサイトの「かまぼこ✕未来」感がハンパないことになっております。うーん、戦慄!

ここでサイトに掲げられた100年計画の一部を見ていきましょう。

【100年計画その1:最古のかまぼこを再現&販売】

もっとおいしく進化するため、最古のかまぼこと現代のかまぼこの味を改めて比べてみよう! ということで現在、最古のかまぼこを再現したものを数量限定で販売中! 900年前の製法のかまぼこ……気になりますね。買いたい方は「全かま連」のサイトからどうぞ。

kamaboko2

【100年計画その2:夢のかまぼこ大募集!】

100年後こんなかまぼこがあったらいいなというアイディアを全国の小学生から募集中。すでに80万枚の応募用紙を配布しているそうで、特にワクワクするようなアイディアは実現化の可能性も!

【100年計画その3:かまぼこ職人が大人気に!】

後継者不足が深刻なかまぼこ職人。そこで彼らの高度な技を動画に収めて公開することで、かまぼこ職人の地位と人気の向上を目指すとのこと。

この他にもさまざまな計画が。詳しくはサイト「KAMABOKO ROAD TO 1000」をご覧あれ。サイトのアニメーションはLUMINEやPRADAといったブランドの映像を手がける気鋭のアーティスト、シシヤマザキさんが製作。かまぼこのイメージをくつがえすようなめちゃくちゃカッコイイ作りになっているので必見ですぞ!

参照元:KAMABOKO ROAD TO 1000再現かまぼこ販売(全かま連)
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 100年後の「かまぼこ」はこうなる!「かまぼこ生誕900年を祝ってる場合じゃない」と気づいた全国かまぼこ連合の100年計画に戦慄
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事