シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

1株ペロリ!家族が喜んで食べた「ブロッコリーのサラダレシピ」を大調査

シンプルイズベスト!マヨネーズやチーズでいただく派の意見


「茹でてマヨネーズが一番好き」(48歳/金融関係)

「凝ったものよりも、レンチンでマヨネーズで食べるのが一番良いみたい」(41歳/その他)

「ブロッコリーのサラダ。シーザードレッシングが最適」(41歳/主婦)

「茹でたブロッコリーにチーズかけてレンジでチン。お弁当にもあう」(36歳/主婦)

シンプルにマヨネーズで食べるのが一番との声は、他にも多くありました。マヨネーズと同じく濃厚な味わいのチーズ系との相性もよし。

醤油、味噌、ゴマ…お好みの調味料で!

「ブロッコリーに醤油と七味をかけたらとてもおいしい」(33歳/その他)

「茹でたブロッコリーに鰹節と醤油をかける」(31歳/その他)

「普通に塩ゆでして味噌マヨを付けて食べる」(36歳/その他)

「ブロッコリーの胡麻和え。ゴマ、お砂糖、お醤油を入れた器に湯がいたブロッコリーを入れる」(36歳/主婦)

「茹でて、粒マスタードとマヨネーズのソースをかけるだけ」(48歳/主婦)

「マヨネーズとラー油で食べる」(35歳/主婦)

「カレーとマヨネーズのソースであえる」(48歳/総務・人事・事務)

「ブロッコリーのにんにく塩和え。ゆでたブロッコリーに、にんにく、美味しい塩、中華だしで和えただけ」(43歳/主婦)

ブロッコリーが敬遠される一因として、“味がない”という点が挙げられますが、短所は長所にも転じます。味にクセのないブロッコリーは、基本的にどんな調味料とも合わせやすいみたいですね。

ゆで卵にエビ…いろんな食材と相性抜群!


「ブロッコリーとツナのサラダ。マヨネーズベースでシンプルですが夫は好きらしい」(28歳/主婦)

「ブロッコリーとゆで卵のサラダ。ブロッコリーと卵を茹でたらその後混ぜてマヨネーズ、塩胡椒などで整える。食べ応えあり」(39歳/主婦)

「ブロッコリーとゆで卵とアボカドのサラダ、オーロラソース和え。レモンの絞り汁を入れると味のアクセントとなり美味しい」(44歳/主婦)

「ブロッコリーとエビのタルタルサラダ。茹でたブロッコリーとエビをタルタルソースで絡める。タルタルソースは市販品でも手作りでもよい」(29歳/主婦)

「ブロッコリーと海老とゆで卵のサラダ。マヨネーズとお酢でさっくり混ぜ合わせるだけ」(33歳/主婦)

「ブロッコリーとブロックベーコンとゆで卵を使ったガーリックのサラダ」(29歳/主婦)

「ゆで卵とシーチキンとブロッコリーのサラダ。マヨネーズとしょうゆと砂糖を混ぜ合わせただけ」(34歳/主婦)

「ブロッコリーを軽く茹でてハムとマヨネーズであえて、とろけるチーズをのせてチンするだけ」(46歳/主婦)

特に、人気だったのはゆで卵とエビ。プリッとした食感がほどよいアクセントになるのでしょうね。食材の組み合わせしだいで、おもてなしにもぴったりの豪華なサラダになりそうです。

ポテトサラダに入れても美味しい!


「ブロッコリー入りポテトサラダ。キュウリが苦手な子どもたちに、いつものポテトサラダのキュウリをブロッコリーに替えてつくるだけです」(41歳/その他)

「ポテトサラダ。ポテトとベーコンを大きめにすると食べ応えたっぷりで美味しい」(37歳/主婦)

大人も子どもも大好きなポテサラ! ブロッコリーが苦手、食わず嫌いな人でも、これなら抵抗なく食べやすそうですよね。ブロッコリーデビューにもおすすめかも!?

 

シンプルにマヨネーズで食べる方法から、おかずにもなりそうなサラダまで、ブロッコリーって本当に懐の深い食材ですよね。次回は、サラダ以外でブロッコリーを食べ尽くすレシピをご紹介します。お楽しみに!

もっと知りたい!冬野菜を使った料理のアイディア