シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

1月25日は「日本最低気温の日」! 北海道・旭川市の「マイナス41.0度」が日本の最低気温記録らしい

本日2019年1月25日は「日本最低気温の日」。1902年のこの日、北海道旭川市で日本の最低気温の公式記録「マイナス41.0度」を記録したことが由来とされています。

実はその後の1978年2月17日、幌加内町母子里(ほろかないちょうもしり)でこれより0.2℃低い気温が記録されたそうですが、気象庁の公式記録の対象から外れていたため、旭川の記録が公式の日本最低気温となっているとのこと。

東京に暮らしているとマイナス41.0度の世界が一体どんなものかなんて想像もつきませんし、「今自分が体験している寒さなんてまだまだなんだな……」と実感せずにはいられません。

【日本で観測された気温とは思えません】

気象庁が公開している「歴代全国ランキング・観測史上最低気温」によると、2位から5位までの順位は次のとおり。

2位 マイナス38.2度(北海道十勝地方 帯広 / 1902年1月26日)
3位 マイナス38.1度(北海道上川地方 江丹別 / 1978年2月17日)
4位 マイナス38.0度(静岡県 富士山 / 1981年2月27日)
5位 マイナス37.9度(北海道宗谷地方 歌登 / 1978年2月17日)

ご覧のとおり、上位にランクインしているのは北海道と富士山。「そりゃ寒いわな!」と言わざるを得ない地域ばかりですが、それにしたって、同じ日本なのにマイナス30度を下回ったケースがここまであることにビックリします。

これにつづく6位から20位までを見てもすべてマイナス30度を下回っておりまして、想像しただけで背筋が凍るわ……!

【歴代でもっとも低い「最高気温」は?】

また一方で、「観測史上 “最高気温が低い” ランキング」を見てみると、1位から順に「マイナス32.0度」(富士山)、「マイナス22.5度」(北海道・旭川)、「マイナス21.2度」(北海道・和寒)。

最高気温にもかかわらず、これまた想像を超える数字が叩き出されていたのでありました。

【今の寒さなんて大したことないと思える!?】

なににせよ、上を見ても下を見ても、キリがありません。ですがこうした記録を見ると、気温6度だろうと暖かく思えてくるから不思議~!

というわけで、「毎日寒くて耐えられない!」というみなさんは、歴代最低気温でも見て、なんとか気を紛らわせてみてはいかがでしょうか……。

参照元:今日は何の日~毎日が記念日~気象庁幌加内町
執筆=田端あんじ (c)Pouch