シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

1日1分のポーズで!「絶対に美脚が欲しい人」へ…最強メソッド3つ


肌を露出する季節が終わっても、やはり女性は常に理想の体型を求めるもの。特にモデルのようなむくみのない、スラリとしたまっすぐな美脚はいつの時も憧れますよね。

脚は痩せにくいパーツとして知られていますが、きちんと対策を行えば憧れの脚に近づけます。今回は、これまで『美レンジャー』でお伝えしてきた最強の脚痩せエクササイズとマッサージを、厳選してご紹介しましょう。

 

■1:モデルの細い太ももは1日1分のダイアモンドポーズ!

『美レンジャー』の過去記事「1日1分で自分史上最強の“脚痩せ”が叶う!魔法のダイアモンドポーズ 」で紹介したのが、セレブたちが通っている『the bar method』の共同オーナーの1人であるJenn Lacyさんが提案した、究極の脚痩せができるという“ダイアモンドポーズ”。

これはつま先を外に向け、かかとをつけた後かかとを上げ、膝を曲げて太ももでダイアモンドの形を作る、つま先を上げた“ドゥミプリエ”のポーズを10秒間キープするもの。

特に脚が震えるポイントで姿勢をキープすると効果が上がります。これを6回、1日1分行うだけなので、面倒臭がり屋さんのモデル脚作りとして最適ですね!

 

■2:実際のモデルも実践! 太ももの隙間にはバンドを使った運動

米国では太ももの隙間を“サイギャップ”と呼び、そんな隙間を手に入れたいと熱望する女性が急増中。「太ももの隙間…欲しい!米モデル流“サイギャップ美脚”の作り方 」ではそんな隙間を作る方法を紹介しています。

『ヴィクトリアズ・シークレット』のモデルとして有名な、スラリ脚を誇るアレッサンドラ・アンブロジオ。彼女が実際に行っている運動はバンドを使って行うもの。表面上の筋肉だけでなく、バンドを使用なら深い部分にあるインナーマッスルを鍛えることができるそうです。

運動はバンドを両足首の上に巻き付け、それぞれ片脚を横に、後ろに踏み込み、また片脚スクワットを行うもの。特に内もものインナーマッスルを意識すると効果もアップ。また、アレッサンドラはそれらの運動に加え、「週1回ほど、170段ある階段を4~6回往復する」とも語っています。

 

■3:モデル脚にむくみはNG! 超簡単マッサージ&ポーズで撃退!

どれだけ脚痩せを頑張っても、むくんでパンパンになってしまっては意味がありません。むくみがちの方は「これだけで!むくみ脚がスーッと流れる“特効ふくらはぎマッサージ”」のツボ押しやマッサージでむくみ脚をすっきりさせましょう!

さらに、寝る前に簡単にできるむくみ撃退ポーズもおすすめ! 「寝る前に1分だけ!“むくみ”を翌日に持ち越さない簡単ポーズ2つ」では、骨盤を立てて股を広げて体を前後に揺らすなどの血行促進できるポーズなどを紹介。むくみが解消されるだけでなく、ストレッチができて気持ち良くなれるので、是非毎晩行いましょう!

 

毎日コツコツと脚痩せ運動を行って、むくみも解消すれば、きっとモデル脚に近づけるはずですよ!