シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

1位はダントツで同級生!9割が15歳までに経験する「●●の相手」

1位はダントツで同級生!9割が15歳までに経験する「●●の相手」

ひとを好きになる、それって素敵なことですよね。ですが、自分がまだまだ大人じゃなく、相手のことが考えられなかったり、告白する勇気がなかったりとかで、初恋を両思いにすることができなかったというひとは、けっして少なくないでしょう。

ワタベウエディングが、初恋に関する調査をおこなっています。それによると、初恋が実る割合は、想像以上に低いことがわかったんです。

いったい、どれくらいだとおもいますか。調査結果をもとに、紹介します。

 

■初恋はいつ?

そもそも、世間の初恋事情って、どうなってるんでしょうか。

調査によれば、55.6%が6~12歳と答え、13~15歳が20.2%、5歳以下が18.2%、16~18歳が4.8%という結果に。9割に上る多くのひとたちが、中学校を卒業する15歳までには、初恋を経験しているようです。

そんな初恋の相手は、学校の同級生が80.9%で第1位。第2位の近所の幼馴染(7.4%)とは大きく差が開く結果となりました。ついで、学校の先輩(5.4%)、学校の先生(1.2%)、学校の後輩(0.5%)と続きます。

 

■初恋は実りましたか?

そんな初恋は、どれくらいのひとが実っているのでしょうか。

調査によれば、23.3%のひとが実ったと答えています。裏を返せば7割以上のひとは実らなかったということ。初恋って、やっぱり難しいものなんですね。

ですが、なかには初恋の相手と結婚したというひとも2.8%います。結果としては、こちらもそんなドラマやアニメのような運命の出会いは、滅多に起こらないということになるんですが、それでも実際に初恋のひとが生涯のパートナーとなる場合もあることがわかります。

 

初恋の実態、いかがでしたか。実際にはなかなかハッピーエンドは難しいのかもしれませんね。

 

【参考】

※ 青春(アオハル)ラブストーリー意識調査 – ワタベウェディング

投稿1位はダントツで同級生!9割が15歳までに経験する「●●の相手」Menjoy! メンジョイの最初に登場しました。