シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

#05 今年は本命になるかも?毎夜甘く誘ってくる男

●株(ストック)彼氏 #05モロゾフくんのストック
ナンバー(証券コード2217)
名前:モロゾフくん
業種:食料品
性格:おだやか、寛容
交際タイプ:レディファーストで、いつも紳士的

誘惑を断れない!ダイエットに大敵な彼

「新作のクッキーを焼いたんだ。エキゾチックなスパイスを入れてみたんだけど、今から食べに来ない?」

もう夜9時を過ぎてるというのに、こんな甘い誘いでわたしのダイエットを邪魔するのは、お菓子作りが何より大好きなモロゾフくん。

子どもの頃からサッカーや野球には目もくれず、学校から帰ると宿題もそこそこにパウンドケーキやクッキーを焼いていたというから、お菓子屋さんになるのは彼の天命だったにちがいない。

「僕はね、がんばってる女の人が大好きなんだ。そんな女性が、1日の終わりに、自分へのご褒美として手に取るような特別なスイーツを作りたいんだよ」

「夜限定オンラインショップ」をオープン

そんな夢を語っていたモロゾフくんが、21時〜24時限定の「みみずく洋菓子店」をオープンしたのは、去年の1月のこと。

「そんな時間の限定販売なんて、常識はずれじゃない?」

「常識だなんて言葉、君らしくないね。いつもこっちがびっくりするような冒険をするくせに」と、いたずらっ子みたいに笑うモロゾフくん。

「お店で直接買ってもらうんじゃなくて、オンラインショップなんだよ。素材にとことんこだわって、丁寧に作りたいから数量限定にしたんだ」

モロゾフくんの作るお菓子は、どれもこれも絶品なのは知ってるけど、そんな遅い時間限定の、上から目線のオンラインショップって、大丈夫なの?24時間いつでも注文できるのが、オンラインショップの優位性だと思うんだけど………。

21時にまさかの完売!さびしいけど…?

つい心配で、21時ちょっと過ぎに「みみずく洋菓子店」をのぞいてみたら、まさかの「本日完売しました」の表示。

「ねえねえ、今サイトをのぞいたら完売したって出てきたんだけど、なんかトラブルがあったの?」

「失礼だなぁ。ほんとに完売したんだよ。21時直後ですぐに限定数が売れちゃったんだ。さあ、これから愛する僕のお客さまのために、お菓子を作らきゃいけないからまたあとでね!」

そそくさと電話を切られて、なんだかちょっぴりさびしい気分。モロゾフくんのお菓子は、わたしだけが食べたいのに……。そんな子供っぽい感情が湧き出てくる。

「わたしだってがんばってるんだぞ」

困るのが分かってるのに、拗ねたLINEを送ってしまった。

明日の朝、もう一度LINEしよう。

「夢が叶ってよかったね。わたしがモロゾフ君のお菓子でいっぱい元気をもらっているように、日本中の女の人を元気にしてあげてね」

ちょっとかっこつけすぎかな。

<ちょっと真面目に分析>

デパートのお菓子売り場には必ず入っているといっても過言ではないモロゾフ。知名度では、トップクラスのお菓子メーカーです。1931年創業と歴史は長く、スタートはチョコレートショップでした。

トラディショナルな社風をイメージしますが、ピロシキを日本で初めて発売したという意外な実績もあります。 最近は、相次ぐ百貨店閉店の影響で、業績が足踏み状態ですが、18年度に開設した夜限定通販「みみずく洋菓子店」が好調。歴史ある企業ですが、つねに新しいことにチャレンジし、変革しています。

経営理念は「Be Prime,Be Sweet.」。お客さまの笑顔のために、安心・安全な品質を確保し、最良のサービスを提供するという誓いを込めているそうです。

昨年のバレンタインでは、東京のデザイナーズブランド「シアタープロダクツ」とコラボレーションしたチョコレートを販売し、大好評を得ました。義理チョコではなく、本命チョコとして求められるブランドとしてまさに変革途中の注目企業です。

(次回は2月11日更新予定)

***

この連載では、株式投資スクール講師の藤川里絵さんが、気になる株(ストック)の銘柄を彼氏に例えて紹介します。隔週月曜正午更新予定。

【こちらの記事もおすすめ】
#01 付き合うほどになめたくなる、安全パイだった男
#02 世界一になるまで恋してくれない、クールな理系の男
#03 耳元で、愛をささやく吐息が欲しくなる、イケボな彼
#04 肌に触れ、シームレスに心落としてくる男

▲最新記事はTOPページから