シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

鼻を高く、瞳をうるっと…なりたい顔は「ハイライト」で叶える!

メイクをするうえで「ハイライト」はおなじみのですね。もちろん聞いたこともあるし、なんとなーく入れてるつもりだけど、正直なにが正解なのかわからない……、ハデ顔にならないか心配……など、実はお悩みの人も多いのではないでしょうか。今回は「ハイライト」の入れる場所と効果のおさらいをしてみましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

◼︎ハイライトで旬のツヤ肌に!〜広いパーツ編〜

肌をキレイに見せてくれるだけではなく、実はくすみやクマなど隠したいところを光で飛ばしてくれるハイライト。下地やベースクリームに光沢があるものを使うのもあり、さらにゾーンごとに入れるハイライトを変えてみるのもワンランクアップの秘訣です。

<Tゾーン>

ハイライトの名の通り、高く見せたい鼻筋に乗せましょう。ポイントは、一番高い鼻のてっぺんにはハイライトを入れないこと。眉と眉の間から鼻が高くなる手前まですーっと直線を引いていきます。光沢感のある肌馴染みのいいベージュ系のハイライトをブラシで乗せるといいでしょう。

<目の下〜頬の少し上>

この部分は色々隠したい箇所でもあります、光の力を借りてくすみを飛ばし、さらにツヤ肌も手にいれましょう。スティックタイプやねり状のハイライトを目の幅位に放射状に入れ、指かスポンジで馴染ませましょう。


◼︎小さめハイライトで立体感を!〜狭いパーツ編〜

この先のゾーンハイライトはピンポイントでその箇所を際立たせる効果があります。

<目頭>

目頭から目の下、黒目の中間位までにふわっと小筆でパウダーのハイライトを乗せます。瞳をうるっとキレイに見せてくれます。

<唇のM山>

ここにハイライトをおくと唇がプクッと見えるので女性らしさアップにつながります。目頭同様、小筆で乗せてください。

<唇の下のくぼみ>

あごの少し上、くぼんでいるところに、Tゾーンにハイライトを入れる時に一緒に入れましょう。顔が平面的にならないよう凹凸になります。


ハイライトは、ファンデーションのあとの最終仕上げの時に入れるようにしましょう。ほかのメイクとのバランスをみながら入れすぎに注意し、あくまで”さりげなくふわっと”が鉄則です。


(藤田裕美)