シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

黒くない?白肌を失わせて「非モテになるのは秋のせい」調査で判明

9月も終盤にさしかかり、お肌の手入れを油断していませんか?

以前に『Menjoy!』が伝えたところによれば、男性の9割が、女性のすっぴん好きだそう(女性の7割はお肌を気にしすぎ?男性の9割が「すっぴん好き」)。

日々のお手入れ不足が、あなたを非モテにし、カレを幻滅させているんです。

でも、なかにはどうやってお手入れしたらいいかわからないというひともいるのでは?

そこで今回は、decenciaの夏から秋の肌変化に関する意識調査を参考に、おもわず彼が触れたくなるような美肌の作り方を紹介したいとおもいます。

 

■秋だからこそ要注意

8月よりも気温や日差しが弱まる9月。紫外線による肌への刺激も弱くなると考えていませんか。じつは、9月は暑さとは関係なく、紫外線は夏とかわらないほどに、まだまだ強いんです。

また、9月の前半と後半とでは大きく環境が変化するため、夏に紫外線をたっぷり浴びた肌が、環境の変化に対応できず、大きなストレスを受けることに。

具体的には、保湿力が低下し、外部の刺激を受けやすい敏感肌になっているのが9月の肌。健康な肌に比べて紫外線のダメージを受けやすく、炎症も起こしやすいんです。シミなどが健康な肌に比べてターンオーバーしにくく、残念な肌になりがちなんだとか。

そんなんじゃ、キスしたくないなとおもわれてしまうかもしれませんよ。

秋になっても、夏用のさっぱりした化粧品の使用を続けていたり、保湿を省いていたりすると、乾燥肌・敏感肌になってしまいます。夏服を衣替えするように、化粧品も衣替えが必要なんですね。

 

いかがですか。男性たちが好きなすっぴんも、ちゃんとお手入れしているからこそみせられるもの。今からでも遅くはありません。ちゃんと手入れをして、美肌を取り戻しましょうね。

 

【参考】

※ 夏から秋の肌変化に関する意識調査 – decencia