シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

麺庄の “チョコ麺” が今年も帰ってきたぁ~! 自家製ジンジャーチョコを使った「チョコ担々麺」が期間限定で発売されるよ

もうすぐバレンタインデーですねぇ。……ん? と、いうことは……今年もそろそろ “あのラーメン” が発売される時期なのでは!?

あのラーメンとは、東京・市ヶ谷の人気ラーメン店「麺や 庄の」をはじめとする、MENSHOグループ全店で販売される “チョコ麺” のことです。

読んでそのまま、チョコレートを材料にしているチョコ麺は、毎年バレンタインシーズンになると決まってリリースされている名物メニュー。なんと今年で11年目になるというのだから、驚きを隠せない~! これだけ続くというのは、好評価を得ている証なのでしょうねぇ。

【カカオを練りこんだ麺を使ってます】

2018年2月5日から14日までの期間限定で発売されるのは、その名も「チョコ担々麺」(990円)。昼夜各10杯、1日20杯限定で提供されるのだそうです。

カカオを練り込んで香ばしく仕上げたという麺の色は、ブラウン1色。味の決め手となるスープは、丸鶏をたっぷり使用した鶏白湯スープに、豆乳クリームを合わせて作られています。

【ジンジャーチョコがコクと旨味をプラス?】

具材の要となるのは、自家製ジンジャーチョコ。チョコレートは味にコクを出すので、カレーに加える人もいるほど(わたしも時々やります)。カレーと同じように味にパンチがあってコクもある担々麺との相性も、悪くなさそうな気がします。

そこにさらに、ケールチップ、肉みそ、枝豆。さらにはピーナッツ、メンマ、干しエビ、ねぎ、胡椒、山椒、自家製辣油といった具材がトッピングされるそう。

【こだわりポイントは?】

「麺や 庄の」によれば、メニュー開発で苦労した点やこだわったポイントは「麺に入れるカカオの割合」とのこと。カカオの風味が出すぎると他の食材とケンカをするし、弱すぎると物足りなく感じてしまうため、この点に苦労したのだそうです。

また自家製ジンジャーチョコは、スープや具材、そして辛味にマッチするよう、何回も試作を繰り返したとのこと。試行錯誤の末に誕生したという「チョコ担々麺」、否が応にもその味が気になってしまうぞ~~~!!!

【都内7店舗で味わえます】

「チョコ担々麺」が食べられるのは、

「麺や庄の」(新宿区市谷)
「二丁目つけめんGACHI」(新宿区新宿)
「麺や庄のgotsubo」(新宿区新宿)
「油そば専門店GACHI」(新宿区曙橋)
「MENSHO TOKYO」(文京区春日)
「MENSHO 」(文京区音羽)
「箸とレンゲ」(杉並区阿佐ヶ谷)

の、合計7店。

ラーメン好きのアノ人を誘って出かければ、相手の心に強~いインパクトを残せそう。話のネタにもなりそうですし、この機会にトライしに出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、MENSHO
執筆=田端あんじ (c)Pouch