シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

魂胆バレバレ!男が密かに「この女あざといな」と思う恋愛テク6つ

魂胆バレバレ!男が密かに「この女あざといな」と思う恋愛テク6つ

インターネットで恋愛テクをいくらでも学べる時代……とくれば、もうお気づきでしょうか。皆さんがここぞとばかりに使っている必殺技のいくつかは、すでに男性にバレている可能性があるのです。情報化社会、恐ろしいですね。

というわけで、今回は『gooランキング』の「バレてます!男子が“あざといなぁ”と思う女子の恋愛テクニック」ランキングより、男性からみて魂胆バレバレな行為をご紹介します。女性側からしたら意識的にやっているものばかりかもしれません。

 

■1:「カワイイー!」を連発

道端の猫にはじまり、視界に入るものすべてにカワイイを連発。挙句の果てにはスーパーに並ぶミニトマトにまで……。カワイイを言うハードルが低すぎると、「こいつ本当にそう思ってるのか? カワイイと言えば自分も可愛く見えると思ってるのでは」と疑われてしまうようです。

 

■2:料理の取り分けや注文を頑張る

カルタか!というぐらい我先にとサラダのトングをつかむ女性。料理の取り分けは、少しでも“前のめり感”が出た途端、あざとい認定されてしまうようです。取り分けも注文もやらないよりはやったほうがいいので、さじ加減に気をつけましょう。

 

■3:ボディタッチが多い

適度なボディタッチは男性もよろこぶはず、と思ってしているこの行為。男性がよろこぶはずと思っている魂胆が見え見えなようです。他にも“酔ったフリ”や“露出度多めの洋服”もランクインしていたので、こういったわかりやすい行為は相手を選んで慎重に使った方が良さそう。

 

■4:リアクションが大袈裟

「えー! すごーい! うんうん、それでそれで?」という反応。ノーリアクションよりはうれしいのですが、あまりに大袈裟だとオチを言う前に食われてしまいそう。目を見て適度に相槌をはさむくらいが丁度いいのかもしれません。

 

■5:料理できますアピール

さりげなく指の絆創膏をチラつかせ、「どうしたの?」と聞かれるやいなや、「週末にパエリアつくってたら包丁で切っちゃって……(ペロッ)」という女性。

これを“料理できますアピール”と“ドジッ子アピール”が掛け合わされた巧妙な恋愛テクニックだと気づく男はなかなかの強者です。料理できますアピールは自らするものではなく、相手が勝手に気づいてくれるもの。気づいてくれる男が本物です。

 

■6:目が合ったら微笑みかける

やられたほうはドキッとしそうなものですが、いささか男慣れしているように見えるのかも。関係性によって一概にNGとはいえませんが、あちこちで微笑みを振りまくのはやめたほうがよさそう。必殺スマイルは大事な人のためにとっておきましょう。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

“目が合ったら微笑みかける”、“料理の取り分け”などは、「恋愛系の記事によくやれって書いてあるもん!」と反論したくなりますが、どれも紙一重ということ。男も人間なので、意図的な行為には敏感なのです。恋愛テクはやり過ぎに注意しながら効果的に使ってくださいね。

 

【参考】