シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

香りと照明でストレスオフ、スキンケアタイムのすすめ

待ちに待ったゴールデンウイーク! 今年は10連休になる人も多いかと思います。しかし、休みがこれだけまとまると、当然休み前後の仕事はハードになりがち。いつも以上に無理をし、食事や睡眠がままならず、ストレスはマックス、肌はボロボロ......なんて状況は避けたいですよね。しかし、新年度が始まったばかりのうえ、気候が安定しないこの時季は、ただでさえ体調や肌も不安定になりがち。一度体調や肌コンディションを崩すと、20代前半ならまだしも、アラフォー以降になってくるとその後のリカバリーにひと苦労。楽しいはずの連休も、思いっきり堪能できなくなってしまいます。だからこそ、日々の生活にストレスリセット法を取り入れ、万全な体調でゴールデンウイークを迎えましょう。

 

 

スキンケアタイムを充実させてリラックスタイムへ

もはやルーティン化しているスキンケア。何も考えずにクレンジングをして......と手だけが勝手に動き、気づけば「あれっ? 美容液は塗ったっけ?」なんて状況になっていませんか? 肌の状態は毎日違いますし、スキンケアは意識して手を動かすことで確実に肌はレベルアップします。とはいえ、正直毎日が忙しいとそんな余裕はないですよね。

でもでも、なんです! わずか数分のスキンケアタイムでもここを充実させることで、ストレスオフもできるし、キレイにもなれる時間に変えることができるのです。

 

 

スキンケア中の深呼吸、香りの力で心身ともにリラックス

そのキーワードとなるのが香り。香りは、ヒトの感情や行動、記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかけ、さまざまな作用を体にもたらします。近年は、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)について大学や研究機関できっちりと研究がなされ、エビデンスも取られるようになっています。たとえば、ストレスを解消してリラックスさせるアロマの代表として知られているラベンダーやローズウッド、イランイランなど...。これら香りの効果を生活に取り入れるのはもちろんアリです。

しかし、以前、アロマのオーソリティに取材をさせていただいた際にとても印象的だったのは、「最近の人はアロマを選ぶ際、効果効能から入る。本当は直感で選んだものが今の自分に本当に必要なものなのだけれど、その直感すら働かなくなっている人が多い」とおっしゃっていたこと。先にも述べているようにアロマは脳へダイレクトに作用するだけに、効果効能より"好きか嫌いか"で選んだほうがいいというわけです。

とはいえ、自分の好きな香りの精油をいくつも集めるわけにはいきませんよね。そんなときに活用したいのがスキンケア。鼻を含む肌に直接つけるスキンケアは香りと切っても切れない関係。近年は、香りによる脳への作用にも着目したスキンケアがあるほど、あらゆるメーカーで香りに関する研究はどんどん深化しています。

また、リラックス状態でスキンケアをすることで肌効果が上がる、なんて報告もあります。となると、スキンケアを塗布する前にいったん香りを吸い込むよう大きく深呼吸してからお手入れする習慣を。香りを嗅ぐだけで心身がリラックスし、美肌効果が高まるのなら、これは取り入れない手はありませんよね。

 

 

"光"の特性を知り、上手に生活へ取り入れる

また、普段何げなく取り入れている光も意識して使い分けることで美肌につながります。ひと口に"光"と言っても光の波長によっていろいろ。周囲を明るく照らし出すだけなく、目に見えない紫外線や温熱効果のある赤外線、PCやスマホの画面に使われているブルーライトも光の仲間。つまり光の波長によっていろいろな効果が期待できるのです。

たとえば目覚めたときに朝日を浴びることで体内時計が調整され、夜眠りやすくなったり、夜寝るときは、真っ暗か足元灯ぐらいの薄灯りにすると安眠効果があるなど、光をコントロールすることで体の生活リズムを整えることができます。
また、近年問題となっているのがブルーライト。ブルーライトは浴び続けると交感神経が優位になるためリラックスができず、睡眠の妨げの原因に。質のいい睡眠のためには、スマホは寝る30分から1時間前から見ないようにしたほうがよさそうです。

 

 

香りと光を意識して、いつものスキンケアタイムでストレスフリーに

何かと忙しい現代人。規則正しい生活が健康と美しさの基本だとわかっていても、なかなかそれが実践できないのが現実。だからこそ、いつもの生活やスキンケアに意識して香りと光を取り入れ、日々ストレスをリリース! この2つを意識するだけで、この先のあなたの美しさがきっと変わるはずですよ!

香りを生かして、日々のスキンケアをリラックスタイムに

毎日、習慣になっているスキンケアに少しの変化を。化粧水で整えた肌に、肌潤トリートメントオイルをなじませ、仕上げに手で顔を包み込んでハンドプレス。深く呼吸をすると、オイルに配合された植物成分由来の自然な華やかな香りで優しい気持ちにいざなわれます。ルーティンで、ただただスキンケアをするよりも、「肌にもっと届け」「気持ちいいな」と、凝り固まった気持ちに語りかけるように使うことで、スキンケアタイムをリラックスタイムに格上げ。肌もきっと応えてくれるはず。

(おすすめアイテム)肌潤トリートメントオイル
25ml 4,300円(税抜)

みずみずしい感触でうるおいあふれる肌に導く美容液層と、ツヤとやわらかさを与えるオイル層の二層タイプのオイル美容液。上がオイル層で、下が美容液層です。使う前にシェイクして混ぜて使うのも楽しく、油分と水分をバランスよく与えることができます。米×発酵のパワー「ライスパワーNo.7」や、日本で古くから使用されている植物由来の油など、こだわりの美容成分をたっぷり配合。年齢を重ね、油分不足によるしぼんだ肌を、もっちりツヤツヤの肌に導きます。

 

 

<執筆>藤井優美

美容業界歴25年以上。美容専門編集プロダクション「dis-moi」主宰。美容専門誌、女性誌の美容記事の企画・制作・執筆をはじめ、コメンテーターやアドバイザー、セミナー講師として活動。元エステティシャンという経歴を生かし、コスメ開発やエステアドバイスも行う。

 

http://dis-moi.co.jp/

 

 


Text:Yuumi Fujii(dis-moi)

<関連記事>
睡眠前のひと手間で翌朝ふっくら!ベッドタイム美容
「潤う×インテリア」"部屋の状態=心の状態"は本当だった!心から潤うお部屋づくりのポイント4つ
藍のキャンドルで、心ほぐれるひと時を ho to ri - yaのやわらかな灯り