シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

養育費を払っていないバツイチ彼との再婚。あなたは幸運?それとも……?

バツイチの再婚も珍しくなくなった現代。結婚相手の男性がバツイチである可能性も十分にあるわけですが、気になるのが彼に子供がいる場合。同居でなくても、養育費の支払いに抵抗感のある女性は多いですよね。

では仮に、彼が養育費を払っていなかったとしたら、あなたにとってプラス材料ですか?あらためて考えてみましょう。「養育費を払わないバツイチの彼」、あなたの幸せの行方は……?

子持ち離婚男性のポートレート

再婚,養育費 (写真=Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com)

・子持ち離婚男性はどのくらいいる?

『平成29年人口動態統計』(厚生労働省、2017年)のデータによると、2017年の離婚総数は21万2262件。そのうち20歳未満の未婚の子供を持つ夫婦の離婚は12万3397件で、全離婚件数の58.1%に当たります。

つまり、2017年には21万2262人の男性が既婚者からシングルになり、そのうちの6割には子供がいる、という計算です。

・離婚男性はどのくらい再婚する?

同じく『平成29年人口動態統計』から、2017年の婚姻総数に占める再婚の割合を見ると、男性の再婚は11万8185人、割合にして19.5%です。

この数値には子供のないケースとあるケース、死別と離別の両方が混ざっていますが、大半を離別とみなし、その6割が子持ちと考えてざっくり計算してみましょう。年間7万人ちょっと、全婚姻の11%程度が子供を持つ離婚男性の再婚とおおまかに把握することができます。

・養育費の支払い状況は?

では、離婚男性の養育費の支払い状況はどうでしょう。『平成28年度全国ひとり親世帯等調査』(厚生労働省、2016年)のデータによると、2016年現在、母子世帯の母で養育費を受けている人の割合は24.3%です。

つまり別居親である離婚男性の8割は、最初から払わないケースと途絶えるケースを含め、養育費を支払っていないということ。子供を持つ離婚シングル男性と再婚する場合、男性のほとんどは養育費を支払っていないという予測が立ちますね。

養育費の基礎知識

再婚,養育費 (写真=Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)

・養育費はなぜ支払うの?

養育費というと、別れても元妻に生活費を渡しているみたいで抵抗がある。そもそも、なんで支払う必要があるの?そういう疑問が湧く人もいるかもしれません。

なぜ養育費を支払うか。それは「彼の子供だから」です。親は、子供に対して扶養義務を負います。親権者かどうかや同居しているか否かには関係なく、「親である」ということから生じる義務です。

養育費は子供が親に直接請求できる性質のものであり、実際に子供が申立人となって不払い分の請求を行った裁判例もあります。ですが、子供が日常的に自分の生活費を親に要求したり交渉したりするのは、ちょっと厳しいこと。そこで、同居する親が子供に代わって養育費の請求をするのは、当然のことと言えるでしょう。

・養育費の算定方法

全国の家庭裁判所では、迅速に養育費の額が算定できる簡易な算定方式と、それを表にした「算定表」が広く使われています。基本的な考え方は次の通りです。

①両親の実際の収入金額を基礎とする
②両親と子供が同居していると仮定し、双方の収入の合計額を世帯収入とみなす
③その世帯収入を親と子供のそれぞれの生活費の指数で案分して、養育費の分担額を決める

税金や社会保険料、さまざまな経費などは、収入金額からあらかじめ差し引いて計算します。また「生活費の指数で案分」というのは、簡単に言うと、親と子供で何割ずつ分け合うか、ということです。

子供に対する親の扶養義務は「生活保持義務」といい、親は子供に自分と同程度の生活をさせる義務があります。ただ、この算定方式の問題点として「子供の生活水準が別居親の生活水準より低くなる場合がある」ことが指摘されています。

養育費を払わない彼【ケース1】:元妻が「かかわりたくない」

再婚,養育費 (写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)

・養育費の取り決めをしない理由トップは「かかわりたくない」

約8割の離婚男性が養育費を支払っていないようですが、そもそも養育費の取り決めをしていないケースが半数以上です。養育費の取り決めをしていない理由でもっとも多いのが「相手とかかわりたくない」の31.4%(『平成28年度全国ひとり親世帯等調査』厚生労働省、2016年)。

あなたの彼が養育費を支払っていない場合、元妻に「もうかかわりたくない」と思われている可能性があります。元妻が彼に一切関与してこないのは、新しい交際相手であるあなたにとってほっとすることかもしれませんが、果たして喜ぶべきことなのか。少し考えてみましょう。

・元妻はなぜ関わりたくないのか

いちばん気に掛かるのは、「ひょっとして彼は元妻に危害を加えるタイプの人だったのだろうか」という可能性ですが、養育費支払いの有無で判断するのは早急かもしれません。

養育費の取り決めをしていない理由の中には「相手から身体的・精神的暴力を受けた」という項目もありますが、4.8%に留まっています。また、養育費の支払いの有無を決める要因として「DV離婚であるか否か」は統計的に意味のある影響を持たない、という分析結果もあります(労働政策研究報告書『シングルマザーの就業と経済的自立』労働政策研究・研修機構、2012年)。

元妻が彼にかかわりたくないと感じるのは「暴力とまでは言えないけれど、心理的にすごく嫌」ということなのかもしれません。

・検討事項:けんかしたとき、彼に感じる気持ちは?

夫婦関係を続けていられないからこそ離婚するわけで、大抵の人は離婚した元配偶者にはかかわりたくないものです。元妻の「心理的にすごく嫌」も、彼の落ち度というより、元妻が一方的に気持ちをこじらせている可能性も否定できません。

とすれば、あなたが検討すべきことは、「彼はわたしにとっても『心理的にすごく嫌』な存在になりそうか」ということでしょう。

あなたが彼とけんかしたとき、トラブルや衝突が起こったとき、あなたは彼にどんな気持ちを持ちますか?例えば「機嫌が悪くなって話し合うこともできない」「ごまかす」「絶対折れない、謝らない」「態度が冷たくなって連絡することすら気持ちが重い」みたいな彼でしょうか?「もういっそのこと我慢して、何もなかったことにした方がマシ」というような気持ちになりますか?

もしそうであれば、将来的に彼はあなたにとっても「かかわりたくない人」になる可能性はあります。

養育費を払わない彼【ケース2】:「新しい家庭ができたから」

再婚,養育費 (写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

・年収800万円以上の離別父親も半数は養育費を払わない

労働政策研究・研修機構の周燕飛氏は研究報告書の中で、年収800万円以上の高所得層の父親でも約半数が養育費を支払っていないことや、支払っていても平均額が月6万円前後と年収の多さに比べて低いことなどを問題視しています(労働政策研究報告書『シングルマザーの就業と経済的自立』労働政策研究・研修機構、2012年)。

関連コラムで周氏は、十分な経済力を持つ離別父親の養育費不払いは、再婚による新しい家族の養育責任を優先することが大きな要因であろうと推測しています。その背景として挙げているのが、離別父親の59.1%が再婚し、年収の高い層に偏っているという千葉大学法政経学部・大石亜希子氏の調査結果(※)です。

※『離別男性の生活実態と養育費』(大石亜希子、2012年)西村周三監修、国立社会保障・人口問題研究所編『日本社会の生活不安-自助・共助・公助の新たなかたち』慶応義塾大学出版会、pp.221-246

・彼の「優先順位」はどこにあるのか

養育費の支払いを追及することが難しいとされる年収ラインは200万円、月収にして14万円程度という算定があります。収入に十分な余裕のある男性の場合、経済的な困難から支払いが不能になっているわけではありませんから、要するにその男性がどのように支出の優先順位をつけているかという問題なのでしょう。

このような男性と付き合っている場合、彼と再婚したら、離婚した元妻との子供よりあなたとの新しい家庭の方が優先される可能性が高いということです。しかし、これは手放しで喜んでいいことなのでしょうか。あなたは、この先も自分の家庭が彼の優先順位の上位にあると確信できますか?

・検討事項:彼の支出とその配分は?

あなたの彼が十分な収入を得ているにもかかわらず養育費を払っていない場合、彼の収入よりも支出に目を向けてみましょう。月々の支出先はどこか、それぞれの支出額の配分割合はどうなっているか。どこに支出を惜しまないのか、苦しいときはどこに対する支払いを遅らせ、何に対する支出を削るのか、観察してみましょう。それが彼の優先順位です。

私見ですが、自分の子供に対する責任と義務の優先順位を落とすことのできる人は、結局は他人である新しい妻への優先度に関しても盤石でないのでは?と思います。

ちなみに、筆者の元夫は前妻との子供に月々養育費を払っていましたが、いつもその他の支払いの後でした。他の支払いを優先し、足りなくなれば養育費を半月、1カ月と遅らせ、しまいには払わなくなりました。そんな彼がいちばん後回しにした支払いは、彼が経営する事業で一緒に働いていた配偶者である筆者への給与です。

養育費の優先度が低いことは、「今後は新しい家庭を大事にしていく」気持ちの表れとは言い切れないでしょう。優先順位は入れ替わります。つまるところ、将来あなたと彼との仲がそれほどハートウォーミングなものでなくなったときの彼の姿を、今そこに見ているということなのではないでしょうか。

大前提として、彼の養育費は彼が解決すべき問題

再婚,養育費 (写真=4 PM production/Shutterstock.com)

「彼が養育費を支払っている……」。このもやもやする気持ちの底には、下世話な言い方をしますが、「自分に振り分けられるお金が減ってしまうのでは」という危惧があるのだと思います。お金、もしくはその使い方に表れる彼の愛情、彼の優先度なのかもしれませんね。

ですが筆者は、新しいパートナーであるあなたは、基本的に彼の養育費問題にタッチする必要はないと思います。なぜならそれは、彼が責任を持って解決すべき彼の問題だからです。

彼に婚姻歴と子供があるなら、前の家族に対する責任もあなたに対する責任も、きちんと切り分けて両方果たす。どちらかへの責任を果たしたらどちらかにしわ寄せが来るようなバーターの関係にしない。彼に対してこうした要求をするのは、決して行き過ぎたことではないと思います。

養育費の支払いは「保証書」のようなもの?

再婚,養育費 (写真=Gongsin.b/Shutterstock.com)

若い女性たちの結婚を応援する実業家の川崎貴子さんは、その著書で「子持ちバツイチは事故車のようなもの」と述べています。(『愛は技術-何度失敗しても女は幸せになれる。』KKベストセラーズ、2015年)。筆者も同感ですが、付け加えるなら、養育費の支払いはその事故車に付けられた「ブレーキに故障はありません」という保証書のようなものだと思います。

快調なスピードで真っすぐ走行しているうちは、ブレーキの不具合など大して気になりません。ブレーキが重要になってくるのは、運転の難しい道に差し掛かったり路面が荒れてきたりしたとき。そんなとき、ブレーキの故障をそのままにしていた車はまた事故を起こします。でも、事故が起きてもメーカーや販売店、つまり彼から修理代は一切出ません。保証書がないということは、「何か起こっても責任は取りません」ということなんですよね。

人生、順調に走行できる時期が続くとは限りません。結婚するなら関係が良好なときだけ潤沢に与えてくれる人より、別々の道を歩むことになっても責任を果たす人の方がいい。筆者はそう思います。

【こちらの記事もおすすめ】
バツイチの彼は優良?それとも地雷?!結婚前に知っておきたいお金の話
バツイチ彼氏との結婚を考えているなら。結婚前に確認しておきたい5つのこと
離婚シングル男性と死別シングル男性との再婚、どこが違う?向き合い方を考えてみた

▲最新記事はTOPページから