シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

飲めなくてもOK!キャバ嬢が使う「お酒の席で愛される方法」2つ

飲めなくてもOK!キャバ嬢が使う「お酒の席で愛される方法」2つ以前、『Menjoy!』の「派手な女ほどクリスマスぼっち!? “退屈な女”がモテる秘密」では、“退屈でつまらない女が何故モテるのか”をご紹介しました。クリスマスまでに彼氏を作りたい人にとっては、参考になる部分もあったのではないでしょうか。

さて、今回は「彼氏うんぬんより、とにかくチヤホヤされたい! 12月はパーティーや飲み会が多いんだもん!」という女性のための記事です。前回に引き続き、元No.1キャバクラ嬢のあかねさんにお話を伺い、“お酒の席で愛される方法”を教えていただきました。

 

■1:「好きだけど弱くて……」をアピール、もしくは演じる

「意外と思われるかもしれないけど、キャバクラでは、お酒が弱い子がモテるの。というのは、男性は“この女、もっと飲ませれば、俺のものになるかも”と思う生きものだから。“お酒は好きなんですけど、弱くて…私、顔赤くなってませんか?”みたいに振る舞うと、確実にチヤホヤされるわよ。

私自身は無類のお酒好きなんだけど、お客さんの前では、お酒に弱い女を演じていたのよ」

 

■2:「〇〇さんに迷惑かけちゃう」でイチコロ

「パーティーや飲み会で、“ほら、飲みなよ”とお酒を勧めてきたり、お酌をしてくれたりする男性がいるでしょ。それに対して、何て答えるのが大切だと思う?

たぶん、礼儀良く“ありがとうございます”と答える人が圧倒的でしょうね。じつは、これだけじゃダメ。“〇〇さんに迷惑かけちゃう”というフレーズが必要なのよ。じつはね、私がキャバクラ嬢時代、よく使っていたの。このフレーズを使えば、アラ不思議。お客さんはラストまでいてくれたわ」

 

いかがでしたか?

誰でも一度は「みんなからチヤホヤされたい」と思うもの。あかねさん直伝のテクニックを参考にして、“年末モテ女”の称号を手にしましょう!

 

【取材協力】

※ あかね・・・元キャバクラ嬢。10代からキャバクラに勤め、20代前半では東京・新宿の有名店でNo.1になる。『No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている「愛されるおしゃべり」』では、自身の経験を生かした会話術を紹介している。