シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

食べ過ぎた…と思ったら!内臓をリフレッシュさせる「背伸び」ポーズ

すっかり涼しくなり、秋の味覚がおいしい「食欲の秋」が到来しました。たくさん食べたくなるこの時期に心配なのが、体重の増加。しかも、食べ過ぎによる体重の増加は、内臓にも負担が掛かっているんです。そこで、食べ過ぎてしまった後は内蔵を活性化させる、「背伸び」ポーズをして、内臓をリフレッシュしましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「背伸び」で内臓からリフレッシュ!

ヨガのポーズの中でも消化器系の内臓を活発にして、調子を整えるポーズがあります。それは「背伸び」。手の向きや姿勢など難しいことは考えず、気がついたら行うようにしてみてください。ポイントは「カラダの前側を伸ばす」こと。両手をバンザイして、全身伸びをすると、お腹が伸びるのを感じると思います。たったこれだけでも、内臓が活性化してくるものなんです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ヨガというと特別なポーズをとらなくちゃ、と意識してしまうかもしれませんが、これなら簡単ですよね? 背伸びをすると血液循環や気がどんどん巡り基礎代謝がアップし、内臓も活発に動きます。また本来、動かすためにある関節や筋肉を伸ばしてあげることで、姿勢を美しくする効果も期待できます。


私は身体がカタイから無理、なんて思って思わずに、まずは「気持ち良い!」と感じることが何よりも大切です。寝る前や朝起きたときはもちろん、食べ過ぎてしまった時こそ、身体の巡りを良くする背伸びのポーズを、是非やってみてくださいね。


(MIKA)