シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

風邪・インフルエンザ対策に!免疫力UPをサポートする食べ物3つ

寒くなってくると気になるのが、風邪やインフルエンザですよね。冬は、気温も湿度も低いため、ウィルスが活発に活動しやすい季節です。年末に向けて忙しくなる季節、倒れている暇なんてない! という方は、免疫力を高めてウィルスに強い身体を作りましょう。「パプリカ」・「ヤマイモ」・「柿」をが強い体を作ってくれるようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■免疫力UPに!おすすめの食べ物 3つ

(1)赤パプリカ

美肌ビタミンとして有名な「ビタミンC」は、活性酸素を除去して細胞をダメージから守り、白血球の働きを高めて免疫力をUPさせる働きがあります。
赤パプリカには、レモン果汁の3倍以上のビタミンCが含まれるといわれ、約1/3個で1日に必要量を摂ることができるのだとか。ただし、ビタミンCは、身体に貯蔵できる量が決まっていますから、一度にたくさんではなく、こまめに摂るようにしましょう。


(2)山芋

山芋のネバネバ成分「ムチン」は、粘膜を保護する働きがあり、鼻や喉などの粘膜を保護して、ウィルスの侵入を防ぐ効果が期待できます。
また、身体の免疫細胞の約6割が集中している腸の粘膜を保護する働きもあり、免疫力UPに繋がります。
ただしムチンは、加熱すると山芋から流れ出てしまう性質があるため、生のまま食べるのがベスト。ネバネバが苦手な方は、お味噌汁に入れたり、ご飯と一緒に炊くなど、汁ごといただける食べ方がおすすめです。


(3)柿

柿もビタミンCが豊富なフルーツ。また柿の皮には「β―クリプトサンチン」と呼ばれるカロテノイドが含まれています。この成分には免疫力を高める働きがあり、その効果は「β―カロテン」の約5倍とも言われているほど。

さらに、渋み成分の「タンニン」は、インフルエンザウィルスなど、12種類のウィルスを不活化する働きがあることがわかっています。 タンニンも、皮に多く含まれる成分ですから、柿はよく洗って皮ごと食べると良いでしょう。


いよいよ、寒さ本番! 食事から免疫力を高めて、元気に冬を乗り切りたいですね。


(岩田 麻奈未)

美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法

山芋(とろろ) - わかさ生活
ムチン – わかさ生活
β-クリプトキサンチン – わかさ生活
カキ果皮からβ-クリプトキサンチン含有物の抽出と食品への応用 -東洋食品工業短期大学
柿渋の強力な抗ウィルス作用を証明 – 広島大学