シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

頭良すぎ!口論が勃発したオフィスでの「ペットに学ぶ処世術」3つ

オフィスで自分以外の誰かが口論になったとき、あなたはどんな風に接していますか?

見て見ぬ振り? それとも仲裁に入る?

“火中の栗を拾う”ような事態になれば、自分の仕事にも悪影響が出そうで怖いですよね。

人間の良きパートナーであるペットたちは、目の前で口論やケンカが勃発したときに絶妙な対応をしているよう!

そこで今回は、アイペット損害保険の調査情報を参考にしながら、犬や猫などのペットに学ぶ“オフィスで口論が起きたときの処世術”を3つご紹介しましょう!

 

■1:無反応

444名に対し“夫婦喧嘩をしたときのペットの反応”を尋ねてみると22.1%は「無反応」を選択し、3位に。

自分のデスクの目の前で口論が勃発したとしても、動じずに無反応で乗り切れば“飛び火”してくる心配もありませんよね!

動物たちは本能的に、“関わらないほうが得策”なシーンを見分けるのかもしれません。

 

■2:仲裁

続いて、23.0%は「仲裁しようとする」を選択し2位に。

目の前で言い争いが始まっても、第三者が仲裁することでオフィスに平和が戻ることも。

本人同士では口論の“やめどき”が掴めなくなっていることもありますし、大切な同僚や上司が誰かに“巻き込まれている”シーンでは、仲裁してあげると感謝されそうです。

 

■3:物陰から様子を見る

そして、27.9%が選び1位になっていたペットの言動は「物陰から様子をうかがっている」でした。

オフィスで大げんかが発生したり、上司のカミナリが落ちてきた場面ではそそくさを席を立ち、物陰から様子を見守るのもいいですね!

“とばっちり”を受ける心配もありませんし、穏やかな気持ちで動向を見守れそうです。

 

以上、犬や猫などのペットに学ぶ“オフィスで口論が起きたときの処世術”を3つご紹介しましたが、いかがですか?

ペットたちの対応を知って「頭が良すぎ!」と驚いた方もいるかもしれません。

動物って本能で危険を察知できるといいますし、オフィスではペットに学ぶ処世術は便利そうです。

あなたは、周囲でケンカや口論が勃発したときにどんな対応をしていますか? よろしければ、参考にしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい