シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

頑張りすぎは逆効果!? 男性が「デートで引いてしまった」女性のファッション

気になる彼とのデート。前の日から何を着ていくか悩みすぎて決まらなかった……という経験のある方も多いのでは? でも、やりすぎは逆効果になることも。男性がデートで「気合い入りすぎでしょ!」と引いてしまった体験について聞いてみました。

男性がデートで引いてしまったこと

香水つけすぎ&露出多すぎ

「『お寿司を食べに行きたい』と言われたので行きつけのお店を予約したのですが、当日あらわれた彼女は香水がきつくて、また露出の多い格好でビックリ。お店の大将に怒られるんじゃないかとドキドキして落ち着かなかったです。最低限のマナーはおさえてほしかった」(30歳/金融関係勤務)

▽ よいお店を彼が予約してくれた、となるとデートに着ていく服も気合いが入ってしまいますよね。その結果、香水をつけすぎ、露出の多い服になってしまった……という気持ちも分からなくはありません。
でも、デートの服って「相手のためのもの」でもあるんですよね。自分が着たい服装よりも、行く場所にふさわしいかどうか? を先に考える必要はあるでしょう。

ヒールが高すぎて「歩けない」

「某テーマパークに行きたいと言われたのでデートで行ったんですが、履き慣れていないヒールで来てしまったとかで並んでいるときに『もう歩けない』とだんだん不機嫌に。それだったら、最初からスニーカーでも履いてくればよかったのに」(25歳/広告関係勤務)

▽ 彼に「脚がキレイ」と思ってほしい気持ちも、脚が痛くなってしまった自分が嫌でイライラしてしまう気持ちも同性なら分かりますが、男性からすると「自分で行きたいって言っておいて、自分でそんな靴履いてきて勝手に不機嫌っておかしくない?」というところでしょうか。

ブランド品だらけで「お金かかりそう」

「普通に居酒屋に行くだけなのに、高いバッグや時計、アクセサリーじゃらじゃらの子は『付き合っても満足させられなさそうだな』って思っちゃいます」(26歳/インテリア関係)

▽ ブランド品に詳しくない男性も多いので、見ただけでは気付かないこともあるかもしれません。でも、ふとした瞬間にファッションにかける金額の感覚の違いから「僕では付き合えないかも」と思われることもあるんですよね。自分で買っていても「おねだりされそう」と誤解されてしまうこともあるので、デートにいきなり高いブランド品で固めていくのは避けたほうがいいでしょう。

「勝負服」はやりすぎないほうが正解?

逆にデートなのに普段着で来られるとガッカリする、という男性の意見もあるのでおしゃれすることは決して悪いことではありません。でも、男性が引くケースにはどうも「TPOに合っていない」という共通点がありそうです。自分が着たい服を選ぶよりも、行く場所に合わせられる柔軟さを持っている女性って素敵ですよね。