シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

頑張った自分へ!今から狙うべき「使えるご褒美ジュエリー」3選

このシーズンになるとどうしても、黒やネイビーといった濃いカラーの洋服を選びがち。防寒のためにマフラーにグローブと、全身が重くやぼったいスタイルには、きらりと光る軽やかなジュエリーをプラスすることで着こなしに軽やかさをプラスできます。

また、上質でエレガントなジュエリーは流行り廃りなく長く愛用できるもの。仕事を頑張った一年のご褒美に、自分へクリスマスプレゼントしてはいかが?

今回は、海外でヴィンテージジュエリーの買い付けを行っている筆者が、毎日身に着けたくなる“ご褒美ジュエリー”3選をご紹介します。

 

■1:一粒ダイヤネックレス

やっぱりダイヤモンドは女性の永遠の憧れですよね。プレゼントされるのももちろん嬉しいですが、自分で稼いだお金でで購入するものも、また格別。

キラキラと派手過ぎるジュエリーはオフィススタイルに不似合いですが、小さい一粒ダイヤモンドのネックレスであれば、スタイルもTPOも選ばず着けられます。

 

■2:ピンキーリング

幸せを運んでくれるという迷信を持つピンキーリングは、お守りのような存在になってくれます。

右手につけると表現力を豊かにして自己アピールに効果的だとか。変化や異性との出会いを求めている人は、左手に着けると良いといわれています。

他の指に着けるアクセサリーのカラーに合わせて選べば、重ね付けを楽しめますよ。

 

■3:レザーブレスレット

金属系のブレスレットはPCで作業する際ジャラジャラと音がしたり、デスクに当たって違和感があります。しかし、レザータイプのブレスレットならそれらの問題を解決できます。

カジュアルでありながらも、シックで大人っぽい印象を与えるので重宝するはず。上質レザーは使い込むことで変化していくので、なくてはならない相棒ジュエリーになってくれますよ。

 

以上、毎日身に着けたくなる“ご褒美ジュエリー”3選をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分へのご褒美は、少し背伸びをしてでも高価なものを買うのがオススメです。見る度に購入した時の喜びを思い出したり、仕事をまた頑張ろうという気を起こしてくれます。

高かったからといって、使用頻度の少ないものや着ける場所を選ぶジュエリーよりも、毎日着けられるアイテムの方が思い入れも強くなります。

モチベーションとともに運気さえもアップしそうな相棒ジュエリーを見つけてくださいね。

 

あわせて読みたい