シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

音信不通から復縁した!そのベストな方法と冷却期間を教えます

1:音信不通で沈黙していて復縁は成功する?

大好きな恋人とお別れしてしまったとき、どうしても忘れられない人だったら、復縁を願うことだってありますよね。

しかし、気持ちが残っていたとしても、別れたわけなので、連絡を取り合うのも不自然、ということで、音信不通になってしまうケースも多いでしょう。そんな音信不通になってしまったら、もうきっぱりと諦めるしかないのでしょうか。

いや、そんなことはありません。むしろ、音信不通の時間が、ちょうどいい冷却期間になり、大逆転を産むケースだってあるのです。

フラれた直後に、しつこく復縁を迫ると逆効果とも言われているだけに、連絡をとりたい気持ちをグッと堪えて、時間をかけることも、意味はありますよね。

 

2:きっかけは?音信不通の彼に再度連絡をする方法5選

音信不通だった彼との復縁に成功した人には、当然、それに向かうための“きっかけ”があります。

そこで、復縁成功体験がある人たちに、その方法を聞きました。

(1)偶然を装って会う

「どうしても復縁したかった彼と連絡を取らなくなって4か月くらい経ったころ、偶然を装って会えるように、彼の会社の近くで待ち伏せしました。

彼が会社から出てきたときに、“あれ! 久しぶりだね〜。元気?”と話しかけ、そのまま飲みに誘ったんです。ちょうど彼も飲みたい気分だったらしく、軽い雰囲気で“じゃあ行こっか”と、昔よく言っていたお店に行きました」(あみかさん・30歳女性)

(2)間違えたフリをしてLINEする

「フラれてから半年の沈黙期間を経たあとに、友達に送る体裁のLINEを、元彼に間違って送信したフリをして、連絡するきっかけを作りました。

LINEの内容は他愛もない話にして、“ごめん! 送り先間違えちゃったよ〜”と明るく送ってみたら、彼から“気にしないで。ところで元気にしてるの?”と返事が届き、そこからLINEのやりとりが復活しました」(ゆうなさん・28歳女性)

(3)共通の知人にきっかけを作ってもらう

「別れた彼氏のことが1年間、どうしても忘れられず、なんとかして復縁したかったので、共通の知人に相談することにしました。

そうすると、その知人が協力をしてくれることになり、飲み会を企画し、私が来ることは伏せて、彼を呼んでくれるというチャンスを作ってくれました。

ちょっとわざとらしかったかもしれないけど、“あ、来てたんだ~”みたいな驚いたフリをして再会し、そこから連絡を取り合うようになりました」(ミカコさん・37歳女性)

(4)時間をあけてからカジュアルに連絡する

「フラれた彼とどうしてもヨリを戻したかったんですが、復縁に関する本を読み漁ったら、とにかく“時間”が大事って書いてあったので、そのとおりにしました。

その本には、“半年くらい経つと、別れた原因などを忘れ、よい思い出だけが残る”と書いてあったので、半年待ちました。

そして、フラれた傷なんて癒えているフリをして、彼に連絡。そこから、飲みに行ける仲にまではすぐに戻りました」(ことねさん・32歳女性)

(5)口実を作って連絡する

「共通の友人もいないし、接点もない元彼とどうしても復縁したくて、でもどうしたらいいのかわからず半年が過ぎていました。

悩んでいるのも苦しかったので、“当たって砕けろ”の精神で彼に連絡をし、預かっていたものを返したい、というような口実を作って会ってもらうことに」(まいかさん・33歳女性)

 

3:音信不通から復縁した期間は?

音信不通になってから復縁までの期間にも、傾向があるのでしょうか? 実際に、復縁に成功した3名の方に、その期間を聞いてみました。

(1)3か月

「一度別れてから、3か月で復縁したことがあります。

別れ際にあまり揉めていないので、連絡をとりやすかったのも関係しているかも」(あいさん・30歳女性)

(2)半年

「別れてスグに復縁したいって言ったときはダメだったのですが、半年待って連絡したらOKだった経験があります」(ひとみさん・27歳女性)

(3)1年以上

「修羅場を経て別れた元カレと復縁したときは、1年2か月くらいかかりました。

最初のうちは連絡しても無視されていましたが、時間が経つうちに彼の態度が軟化してきて。時間をかけることってすごく大事だと思います」(かおるさん・32歳女性)

 

3:音信不通だった相手と復縁できた体験談3選

さて、“音信不通”だった相手との復縁だって、作戦さえ成功すれば、そんなに難しい話ではない様子。そんな体験に成功している女性たちに、話を聞きました。

(1)ケータイ番号を変えて

「彼に連絡をしたいがあまり、ケータイ番号を変えました(笑)。

私の番号だと出てくれない可能性もあったし、“番号変えたから、連絡したよ”って言えば、それほど不自然でもないかなって。重くない感じで連絡でき、復縁のきっかけをつかめました」(みらいさん・32歳女性)

(2)ペットを口実に連絡

「彼は猫を飼っていたので、私も猫を飼うことにしたんです。それで、“猫のことで教えてほしいことがある”って言って連絡をして、そこから復縁に成功したことがあります。

周りに猫を飼っている友達がいないから、頼れる相手が他にいないっていう感じで連絡したのも良かったと思います」(ともかさん・29歳女性)

(3)仕事の相談から

「仕事上の相談にかこつけて連絡をするようになり、それがきっかけで復縁に至ったことがあります。

彼は経営者だったので、彼の会社に関係しそうな案件を作って、まずは会社メールに連絡して、そこから、じゃあお茶でもしながら話をしようかって。

仕事関係だと、連絡を取り続けるのも不自然じゃないので、やりとりも長く続きますし、そのうち、以前のような関係に自然となりました」(ふみかさん・35歳女性)

 

4:「音信不通からの復縁」は珍しくない

大好きな元カレと音信不通に陥ると「もう復縁はできないんじゃないか……」と落ち込んでしまいがち。

しかし、紹介してきたように音信不通からの復縁に至ったカップルは、世の中にたくさんいます。

焦らずに“時間”を味方にすることも、復縁への近道。

もしも今、どうしても復縁したい元カレがいるならば、焦りは禁物です!